スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隅田川ハゼ釣り大会 2015 今年は暖かくハゼ3 セイゴ1

今年も隅田川ハゼ釣り大会がやって来ました。
大会と言っても、申し込んで餌をもらって後は自由解散という非常にゆるいイベントです。

スカイツリーをバックに釣り。隅田川って普段は釣り禁止のようです。
写真 2015-11-29 11 10 47

毎年、墨田区側の方がよく釣れるとのことですが僕は毎年台東区側で釣りをしています。
おもりは、25-30号 川の流れが早くそれぐらい重さがないと流されてしまいます。

10-20mぐらい投げてあとは置き竿です。この日は暖かかったのでお弁当を食べながらゆっくり。

ハゼ釣れました。10cmを超えるナカナカのサイズです。
イソメを途中で切って、1.5-2cmぐらい垂らす感じで針につけたのが良かったのかもしれません。
幸先いい。

写真 2015-11-29 13 56 15

セイゴも釣れました。こちらも結構良いサイズ。海で釣っていたら持って帰って食べているぐらいのサイズ。25-30cmぐらいかな。

写真 2015-11-29 13 13 57

またハゼを追加。
写真 2015-11-29 13 58 38

もう一つハゼを追加。
写真 2015-11-29 12 25 39


11:00-14:30で4匹。まあまあの釣果かなあという感じですね。
たくさん釣れたので楽しかったです。しかし川のスズキ(セイゴ)はくさい!手を洗ってもナカナカ匂い取れず。

ということで全部川にお帰りになっていただいて釣り終了。
すぐ後は隅田公園なので、子どもは遊べるし、タリーズコーヒーも近くに有るしとっても楽しめました。

スポンサーサイト

磯子海釣り公園でシロギス、イイダコ  貸し竿でも楽しめました。

久しぶりに釣りにいってきました。

場所:磯子海釣り公園 入園料500円
釣具屋:中の売店で何でも買える
http://isogo.yokohama-fishingpiers.jp/index.php

時間:9月6日(土) 12:30-14:30
エサ:青イソメ
釣果:シロギス1 ハゼ2 イイダコ1

この日は電車で。京急の屏風浦という駅からJR磯子まで歩いて、そこからバスに乗りました。
バスは1時間に1本程度しか出ていないので事前に準備が必要です。
タクシーだと1500円ぐらいです。

土曜日でしたが、それほど混んでもいない感じですね。足場もよくいい感じです。
園手前側は、テトラがあり遠投は出来ません。

白ギスなどは園中央より先にいって遠投するほうがよいかなーって感じです。手前側ではメジナが結構出てました。
20140906_磯子

シロギス狙いでさびいていると、イイダコが連れました。最近このへんではヒョウモンダコという猛毒のタコも釣れているみたいなので注意が必要です。困ったら園の職員にきくとよいでしょう。

20140906_イイダコ

ちっちゃいハゼ。全然引いいている感覚はありません。上げたらついていた感じ。
写真 2014-09-06 13 20 56

そしてシロギス。まあまあのサイズでしたが、どどどっと引く感じはやっぱりいいですね。
写真 2014-09-06 14 13 24


と2時間ぐらいの釣行でしたがそれなりにつれて満足でした。
ハリスは6号、おもりは8号を使いましたが、正直遠投しないと数はつれないなーって感じなので、20号とかのジェット天秤にすればよかったと反省。ま、貸竿(1000円)でしたのでそれも致し方なしかと。借りた竿、投げ竿じゃなかったし・・


そろそろ青物の季節ですね。今年は行けるかな。

市ヶ谷フィッシュングセンターで鯉をつってみた。

総武線の市ヶ谷駅から見えていつも気になっていた、市ヶ谷フィッシングセンターにいってみました。
この日は晴天でとても天気がよかったです。こんな日は帽子をもっていったほうが無難ですね。




さて、コンビニでビールを買って早速いってみました。入り口は駅から徒歩1分。釣り堀の他に、熱帯魚や金魚、水草なども売っているようです。


土曜日でしたが以外と空いていてすごくつりやすかったです。僕は鯉はつったことがないのですが、入り口にいろいろやり方が書いてあったり、おばちゃんに聞いても詳しくいろいろ教えてくれたので特に困らずつりを始めることができました。

また、手ぶらで気軽にいけるのが良いですよね。


限定のさっぽろ缶ビールを買ってのんびりつり。1時間600円程度で、竿も借りて1000円以内です。妻といったのですが妻はつりをしないでも入場料として同じ金額をとられました。。。まあしょうがない。



浮きが沈んでも針係しなかったり以外と鯉釣りは大変でしたが、つれて非常に楽しく過ごせました。しかも1時間でとか時間制なので、後1投とか釣りの定番もありません。

水道場もあり、トイレもあり、比較的に初心者でもつりやすく楽しかったです。
また、釣ったkgに応じて補助券をくれます。70点集まると次回1時間サービスだそうです。

またいきたいな。

第20回隅田川ハゼ釣りと水辺観察 台東区のイベントに参加してみました

久々に釣りの話

第19回の記事。
http://espressoaddshot.blog74.fc2.com/blog-entry-497.html


隅田川釣り20回

この日は晴れて非常にいい釣り日和でした。
用事があったので30分ぐらいしか釣れませんでしたので、釣果はないです。

隅田川はハゼとスズキがメインで釣れるようです。
意外と魚影あります9:00-10:30の間にハゼ80匹ぐらい釣れていたそうです。


あと、川は流れが早いので、おもりは20号ぐらいが良いそうです。

第19回隅田川ハゼ釣りと水辺観察 台東区のイベントに参加してみました

台東区に引越しをして、あまり釣りに行ってなかったのですが、区が主催する 第19回隅田川ハゼ釣りと水辺観察 という台東区のイベントに参加してみました。(開催は12/4 と このブログをアップする一ヶ月ぐらい前)

区のHPから申し込めるのですが最近は電子申込ができ、ものすごく便利になりましたね。
会場は桜橋のたもと、運動公園の近くです。

我が家からはバスで近くまで行きましたが、浅草駅からもあるけないことは無いですね。

ハゼ釣り大会2

釣具は自分で持っていく必要がありますが、申し込み人数分だけアオイソメをもらうことができます。普通に買うと500円ぐらいでしょうか、50gぐらい入ってます。この12月という次期に、50gを短時間で使い切ることはなかなか難しく結局最後は半分以上余ってしましました。もったいない。

釣れたのはセイゴ1匹です。ハゼ釣り大会なのにハゼがつれませんでしたが結構楽しかったです。
ハゼ釣り大会3

ものすごく大きいマハゼを釣っている人も居たり、言問橋付近では50cmぐらいのフッコを釣っている人も居ました。エサ以外は全部自分で用意をしなくてはならないですが、係委員も結構いるので気軽に色々相談できます。家族連れも多かったです。天気もよく楽しかったです。

ちなみに僕は近くにいたファミリーに魚を上げたのですが、持って帰っているひともいましたのでおそらく食すのだと思われます。隅田川もまあまあ見た目は汚いですが、きっと天ぷらにしたら匂いもわからないさ。

ま、大会を開くぐらいなので、水質検査とかはちゃんとしているんだろうと思われるので食べても安全だと思います。


ビールを飲みながら桜橋の上でスカイツリーをパシャリ。
ハゼ釣り大会1


台東区いいところです。



台東区のHP
http://www.city.taito.lg.jp/index/release/201112/hazetsuri.html

館山でソーダカツオ 2011年9月

場所:館山漁港 (駐車場) 入園料0円
釣具屋:近くに色々ある。セブンイレブンもある。
時間:9月18日(日) 17:30-18:30
エサ:コマセ
釣果:ソーダカツオ 3




川崎の東扇島や横浜では、サバやイナダが出始めているということで、千葉はどうおかなーとドライブがてら様子見。あわよくば釣りができればと思って行ってきました。

まずは京葉道路を下って、館山道にはいり、金谷でおります。
漁師料理 かなや でお食事です。ここは温泉(足湯)があったり釣り場も多く楽しい場所です。

北側にある金谷港です。多分平日は、トラックなど工事関連専用の港みたいです。漁船などは見られません。
ただ足場もよく、港内に釣具屋、エサ屋さんもあり、ファミリーフィッシングには最高かもしれませんね。

見回ったところ、アジやイワシ狙いの人もいるものの、連れておらず、シロギス、イシモチ、メバルといったところでしょうか。
館山201109_1

こちらは、漁師料理かなやでメダイのアラ煮です。大量!しかもすごく脂が乗っていて美味しい!
館山201109_2


そしてゆっくり南に下っていって館山港へ。
連れて入るけど、ソーダカツオだけみたいです。サバやらイナダは全く。アジは本当にポツリポツリみたいです。


港は人がたくさんで、入るところが非常に少なかったのですがどうにか竿一本ぐらいいれさせてもらい釣り返し。
さっそく、投げサビキで上層部を狙ってみると、5頭目ぐらいでウキが沈んだ!!!
ということで、ソーダ ゲット。周りは弓角、ジグ、とルアーで狙っている人もいましたが、エサ釣りの人しか釣れていなかった感じですね。

実釣1時間ぐらいで、3匹ゲット。持って帰ろうか迷いましたが、、、まあせっかく釣れてくれたので、持って帰ることに。

館山201109_4

さてソーダガツオを美味しく食べるレシピです。

まず、3枚におろして、血あいをしっかりとって塩コショウで味付けをして少しおきます。
そのあと、フライパンに油と、ニンニクスライスを入れてそこに強火で表面を焼きます。

全面表面を強火で焼いたら、醤油を軽く書けておしまし。香草とか、ハーブとかいれても美味しいかもしれませんね。
釣ってすぐのソーダカツオなら半生で食べると美味しいです。

釣ってすぐ処理をして(頭をおって血抜き)、冷たい氷につけておけばそれほど血なまぐさくなく美味しく食べられますよ。
意外と食べ応え有ります。マグロステーキのような味です。

館山201109_5

ちなみにこの日は、館山の、安房最大のお祭り「八幡のまつり」。 鶴谷八幡宮が出店でいっぱいで帰りの車が渋滞してました。イオン(ロックシティ)の裏側にある神社です。すごい人ごみでした。年末のアメ横みたい。

ちなみに地元では やわたんまち というらしいです。
館山201109_3

館山でソーダカツオ イワシ

久しぶりに釣りにいってきました。

場所:館山漁港 (駐車場) 入園料0円
釣具屋:近くに色々ある。セブンイレブンもある。
時間:7月2日(土) 14:30-18:30
エサ:コマセ、青イソメ
釣果:ソーダカツオ 3 カタクチイワシ 16 トウゴロウイワシ 13 ゴンズイ 2 ハオコゼ 3 ムツ?子供 1



シロギスでも釣りに。と思い、館山まで行ってきました。
この日の天候は雨ということでしたが、どうにか持ってくれています。海岸を車で走っているとシロギスの大会と思われるようなこともやっていました。

と色々な釣り場を見ていると、どうやら港のほうでソーダカツオが出いるとの情報をゲット。
ということで行ってみることに。

釣り場は混んでいるけれども車横付けできるし、入れないほどではない感じです。
さっそくカゴの投げサビキで3投目ぐらいできました!

いいヒキですね。雨季が消える瞬間がたまりません。
釣れたのはソーダカツオ。結構いいサイズです。

20110702ソーダカツオ

その後も何度かあたりもあり、取り込みに失敗したり。とすごく楽しかったです。
ウキ下は1.5mぐらいで上層のほうであたってました。


その他ヘチ側では、ハオコゼ。
20110702オコゼ

ムツの子供?
20110702ムツかな

ゴンズイの一家。
20110702ゴンズイ

イワシ。とたくさん釣れました。イワシはカタクチイワシと、トウゴロウイワシ(うろこが硬い)と全部で約30匹つれました。


20110702イワシ


イワシは、つみれにして、さつま揚げにしました。
カツオは、あまり脂がのっていませんでしたが、タタキにしてショウガと醤油と混ぜて食べました。美味しかったです。

20110702カツオタタキ


ついに夏到来って感じですね。

富津 スミイカ (コウイカ)を釣りに行ってみた。

東京湾全体でイカが好調ということで、コウイカを釣りに富津に行ってみました。
足場の良い、富津埠頭で釣りをしました。ここはトイレは近くにないけど車横付け可能で本当に便利です。

こんなオブジェが見えます。
コウイカ1

さて100円で買ったエギ3号とやらを投げて、そこ付近を探りながらまいてきます。なかなか釣れないなーと思っていたら、老夫婦がGET。結構立て続けにみんなゲット。

うらやましいなあと思ったら、キタ!重くなりました。コウイカ別名スミ以下です。100円のエギで釣れた。
イカはとにかく底付近にいるので、底をとってゆっくり引きずってくるというのを繰り返します。
この日はエギの色はピンクっぽい色が一番つれていたような気がします。
朝ー昼間はあまりつれてなかったですが、15:00ぐらいから夜暗くなってもまだつれていました。

あと、タモはあった方がよいですね。

コウイカ2

ちなみにこの後、イカに指を噛まれてしまいました。本当にいたいです!!
少し調べてみると、特に毒とかがある訳ではないのですが、いわゆるカラスといわれる部分でがぶっと噛まれてしまいました。気をつけてくださいね。

その他、シロギスとヒイラギ
コウイカ3ヒイラギ

メゴチも
コウイカ4メゴチ


近くにある釣り具点はこちらです。
やまいく釣具店

コウイカ富津釣具屋さん



大きな地図で見る

イカは固いといわれていましたが、刺身でたべましたが本当においしかったです。

あと、肝を網でこして塩を混ぜて、少しだしを混ぜて塩辛をつくってみました。これも滑らかで本当においしいですね。すこしショウガをいれたことと、麺つゆをいれたのがすごくよかったです。

浄蓮の滝 で アマゴ釣り

場所: 浄蓮の滝 (駐車場 ・トイレ・水道あり) 入園料0円 釣りは料金がかかります。
釣具屋:近くにないけど、ここでなんでもそろう。
時間:5月4日(水) 10:30-11:00
エサ:イクラ
釣果:ニジマス × 3






伊豆に行ってきました。

観光地で浄蓮の滝がありますが、そこでは釣りができるみたいなのでさっそく釣りをしてみました。
料金は以下の通りです。

周りに軽く聞いてみたところ結構釣れる見たいですので、30分のみやってみることにしました。
釣れる魚は、アマゴ、とニジマスのようです。

浄蓮の滝1

さっそくレンタルした竹竿で釣ってみます。餌はイクラか、ブドウ虫です。ブドウ虫は露骨に気持ち悪いイモ虫なのでイクラのほうが釣りやすいかと思います。

浄蓮の滝2

結構当たりがあり、ガツンとつれました。30分で丁度3匹つれました。結構楽しいです。
これはニジマスですね。

浄蓮の滝3


ここでは無料でさばいてくれ、500円でカセットコンロを貸してくれるので釣った魚をその場で食べることができます。

こんな感じです。良く焼けてます。
浄蓮の滝4


ガブっといってしまいました。本当においしいです。天気もよくその下でご飯出来てすごくたのしかったです。

沼津でシロギス釣り

場所:沼津漁港 (駐車場 ・トイレ・水道あり) 入園料0円
釣具屋:市街にある
時間:5月2日(月) 11:30-13:00
エサ:イソメ
釣果:シロギス×2





旅行で伊豆に行ってきました。
行き、渋滞を予想して沼津到着を12時ぐらいとみていたのですが、渋滞もなく9時ぐらいにはついてしまったので、いまいちやることもなく漁港で釣りをしてみました。


湾内からは、びゅうお という大きな堤防が見えます。
これは東海大地震対策の堤防見たいです。たのもしいですね。
沼津1

釣具屋さんは漁港近くにはないので、沼津市街まで買い出しに行きました。イソメ500円です。
沼津2

場所はこちらです。沼津釣具センター


大きな地図で見る


とりあえずちょい投げ。ガツガツっとシロギスがつれました結構いいかたです。

沼津3

その後、もう一匹シロギスを追加して、フグの猛攻にあい釣り終了。少しの時間だったけれどもたのしかったです。


袖ヶ浦で潮干狩り

4月に入り、そろそろあったかくなってきたし、この日は大潮ということで潮干狩りに行ってきました。
千葉の袖ヶ浦です。

京葉道路はめちゃくちゃすいてました。やっぱりレジャーにはみんないかないんでしょうかね。

とりあえず着くと潮は引いていますが、あまり人はいないですね。
車を適当につけてさっそく始めます。まずは情報収集をしてみますが、おばちゃんいわく沖のほうは大きいけどほとんど取れないとのこと、逆に海に向かって左側は小さいけどポツポツと採れるとのことです。

袖ヶ浦201104_1

こんなヤツ。アナジャコも取れました。

袖ヶ浦201104_2

30分ぐらいで大体、500gぐらい採れました。
ただ、やっぱりまだ小さいですね。このなかから小さいのは除去しておみそ汁 1,2杯分のみ採りました。前回は鏡貝とか、サルボウとかツメタ貝がとれたのですが、今回は全くとれませんでした。

前回はこちら
http://espressoaddshot.blog74.fc2.com/blog-entry-408.html

袖ヶ浦201104_3


このあと、木更津港、富津、大貫、上総湊、竹岡、金谷によって行きましたが釣り人はほとんどおらず、何も釣れてないといった感じですかね。

でも春がやってきた感じです。

大洗/那珂湊でアナゴ


場所:大洗漁港 (駐車場 ・トイレ・水道あり) 入園料0円
釣具屋:近くに色々ある。
時間:12月04日(土) 16:00-18:30
エサ:青イソメ
釣果:アナゴ×2



寒くなってきましたねー。そろそろ今年の釣り納めになるでしょうか。
ということで、大洗/那珂湊へ行ってきました。

水戸大洗の高速を降りて、海方面へ向かうと釣具屋が何件かあります。釣侍。
状況を聞くと、陸からの釣りはそれほどよいものではない感じですね。運がよいと湾内に、イワシ、アジが入ってくるけど・・とのことです。カレイはまだあまり出ていない模様。

とりあえずイソメを買います。
101204釣侍

まずは、那珂湊へ向かいました。軽く釣り場をのぞくと全く釣れていない模様。。。
コハダが少し・・・といった状況でしょうか。かなり厳しいですね。ま、お昼時でちょうど潮どまりだったのでまずは昼ご飯を食べます。那珂湊は、釣りもいいですが、かなり大きい市場があるので買い物や食事も楽しい場所です。

少し寒かったので、名物アンコウ鍋を行っちゃいました。おいしいですね。特におじやが最高です。アンコウは、食べる場所によって全く違う食感、食味があるので面白いです。

101204アンコウ鍋

またこの時期は牡蠣やウニ焼き、エビ焼きなどその場で食べられるものも多く食べ歩きをしました。お腹いっぱい。

さて釣りをするかな。と思っていたのですが、釣り場をくまなく見ても全く模様はかわっていない感じです。
それならば、アナゴ狙いで大洗に行こうと思い車を走らせます。大体那珂湊から大洗まで15分かからないぐらいでしょうか。

釣った場所は大洗港の海に向かって右側です。かねふくのすぐ裏です。かねふくは工場見学もでき無料で明太子の試食もでき、最高の場所です。トイレもきれいです。

ごちそうさま。かねふくの明太子最高。
101204カネフク工場

車をほぼ横付けできるのはよいですね。周りでは、ハゼが少々と行った感じでほとんど釣れている気配はしません・・・。

ま、イソメをフサフサにしてぶっ込んで待ちます。日が沈んで、17:30頃に小さいアナゴ1匹。その後1時間ぐらいで40cmぐらいのまあまあのサイズの穴子を追加。寒くなったので撤収。という感じです。

101204アナゴ

穴子は煮穴子にしました。以下料理法です。

捌き方は色々なサイトにのっていますが、一番の肝は目抜きですよね。僕はまな板に穴をあけることは出来ないので型紙に串を刺して、その部分を、まな板と台所を挟んだりしてどうにか固定しています。新聞紙とかを使ってもよいかもしれないですね。

  • 捌いて、皮に熱湯をかけ包丁でかくる擦り、ぬるぬるをとります。
  • 頭と骨を少量の水200mlぐらいで煮て出汁をとり、醤油を大さじ1ぐらい、砂糖一杯ぐらい入れます。
    ここでは少し薄いかなーというぐらいの味付けにした方がよいです。
  • ぐつぐつしてきたら、穴子を入れます。穴子は熱を入れるとすぐ縮んでしまうので、切るときは少し多めがよいと思います。
  • 20分ぐらい弱火で煮て、穴子に色が付き、汁がかなりドロドロになってきたら穴子を取り出します。
  • 余った汁を、強火で煮ます。かなりとろとろになり、お寿司屋さんで出てくる穴子の上に付ける汁になります。



穴子おいしいです。でももう少し大きいゴン太あなごが釣れるとうれしいな。


過去の大洗、那珂湊の釣りの記事。

2006年12月 大洗漁港
2008年 大洗でアナゴ・ハゼ・ボラ
2009年11月 茨城 那珂湊 フグの攻勢にあい、カレイは釣れず
2010年1月 大洗でハゼ・ホタテ貝が釣れた。

水元公園でクチボソ、タナゴ釣り。ハゼとエビも釣れたよ。

この日も別件で外に出ていたのですが、近くの水元公園で紅葉がきれとの情報を得たのでいってみることに。

そういえば2008年の10月に、「水元公園でクチボソ釣りをしてみた。」という記事を書いたのですが、そのときに釣ったクチボソは全滅してしまったのですが、ハゼは水槽でまだ生きてます。すごい生命力ですね。

この日もせっかくなので、赤虫を購入しクチボソを狙ってみることにします。赤虫はヒトつかみ200円です。

この日も前回同様に香取神社前で釣りをします。浮きがいい感じです。
1112水元

赤虫はこんな感じ。釣っていると結構おじさんが声をかけてくれます。楽しい感じです。
1112水元_赤虫

(手長エビ?)川エビも釣れます。メバルの餌にしたら良さそう。とか思いましたがリリース。
1112水元_手長エビ

僕にはクチボソとハゼしか釣れません。おじさんはタナゴが沢山釣れています。なんでだろとおもったら赤虫じゃつれないよとのこと。隣で釣っていたおじさんは練り餌さもくれました。優しいですね。

でも僕には最後までタナゴは釣れませんでした。腕かな・・・。


つれない僕を見かねてか、数匹タナゴいただいちゃいました。以下の写真は雄です。おかげさまで我が家の水槽はタナゴでいっぱいになりました。ちなみにまめ知識として、タナゴは雄が奇麗でメスはそれほど奇麗ではないとのこと。
1112水元_タナゴ


飼育方法として、ハゼとクチボソ、タナゴは一緒にしては行けないようです。ハゼは何でも食べてしまうのでクチボソの尾っぽとかひれを食べてしまうそうです。しかも夜間に。

今まで尾っぽがなくなって行くのは、なんかの病気か?と思っていましたがハゼのせいだったのですね。わるいやっちゃ。ちなみにエビもハゼの犠牲になるとのこと。でもエビはクチボソを食べるということで

クチボソ、タナゴ < エビ < ハゼ

という力関係があるのですね。勉強になります。もう一人のおじさんは、温泉玉子の白身をチューブに入れて針につけてタナゴを釣っていました。普通の玉子ではだめでセブンイレブンとかで売っている温泉玉子じゃないとだめみたいです。不思議ですね。


地元の釣り師と仲良くなるのは勉強になります。ありがとうございました。


東扇島で穴子、アジ、イワシ、イシモチ。

場所:東扇島 運河側 (駐車場⇒東公園を利用・トイレ・水道あり)入園料0円
釣具屋:勇竿
時間:11月12日(金) 17:00-19:30(実釣2時間半)
エサ:コマセ、青イソメ
釣果:アジ 5匹、イワシ1匹、アナゴ1匹、イシモチ1匹



ちょっとした用事で会社を休んだのですが、夕方には終わってしまいましたのでその足で東扇島に行ってきました。
3週連続しかも、平日です。どんだけ釣りバカなんですか?と少し自分でも思ってしまいましたが、今、釣れるときに行かないと寒くなるしつれなくなるしと自分に言い聞かせ・・。平日首都高700円を払ってダッシュで向かいました。

この日は時間も遅かったので、主にアナゴ狙いです。
竿は3本、60mぐらい、30mぐらい、10mぐらいと青イソメをフサフサにつけて投げてみます。


トリックで足下にたらしておいた竿にはアジがいい感じでかかります。まあ15cmぐらいの豆アジですが飽きない程度に釣れるので非常に楽しいです。


隣に陣取ったおじさんは竿7本ぐらいで餌はサンマの切り身でアナゴ狙い。ほとんど10mぐらいか足下を探っています。少し談笑しながらあたりを待ちます。

全然あたりないなーと思って餌の交換タイム!と思って30mぐらい投げた竿を巻いていたらなんかついてます。
鉛筆アナゴと言われるぐらいのほそーいアナゴです。ま、釣れたのでよかった!

その後、日没後17:30-18:10ぐらいまでは夕マズメタイムで、隣のおじさんの竿には4,5匹アナゴが連続でかかってました。でも全部細いですね。

僕もと思いますが全然あたりなし、サビキで釣れたイワシを切り身にして餌にしてみますがあたりなしです。なんだか足下ではカニさんが悪さしているような感じですね。

さて、
餌の交換と思い60mぐらい投げた竿をまくと重いです。でも全然魚信なし。なんだろーなーと思ってあげて見ると白い魚影が。フッコか?と思ってみて見ると30cmを超えたイシモチです。こんな大きいイシモチは魚屋さんでも見たことありません!これはうれしい外道。

1112イシモチ


その後は全くあたりもなくという感じなので19:30には撤収。
東扇島の、東公園は川崎市が力を入れているだけあって奇麗です。ここで水道/トイレを使わせてもらってます。その代わりといっては何ですが、僕は路駐ではなく必ず駐車料金を払ってます。少しでも奇麗になる助けになってくれればと思い・・。ただ、3時間までは200円なのですが、この日は15分ぐらい超えてしまい400円・・・やられた。

そして、帰りに間違えて大師から高速に乗ってしまい、首都高700円プラス300円。やってしまった。APECのおかげて警官が多くて焦ってしまった・・悪いことしてないのに・・・。


1112東扇島

料理、レシピとして
アジはタタキにしました。数も少ないし油使うのもなんだったので。頭と骨はみそ汁の出汁にしました。これが結構おいしいんですよ。

アナゴは、捌いて軽く焼いて白焼きに。でも前回のゴン太にくらべるとやはりおいしさは半減ですね。
ゴン太釣りたい。

イシモチはベタに塩焼きにしてみました。激ウマです。イシモチの軽い食感、水っぽい身は塩焼きにするとジューシーで本当に最高おいしいですね。

アナゴは釣れませんでしたが、大きいイシモチが釣れたので満足です。


ここ最近の東扇島の釣りはこちら。
・2010年11月6日
東扇島で穴子、メジナ、メバル、アジ、イワシ、海タナゴ!五目達成。

・2010年10月31日
東扇島でメジナ、メバル、アジ 好調!

東扇島で穴子、メジナ、メバル、アジ、イワシ、海タナゴ!五目達成。

場所:東扇島 運河側 (駐車場⇒東公園を利用・トイレ・水道あり)入園料0円
釣具屋:勇竿
時間:11月6日(土) 16:00-19:30(実釣3時間30分)
エサ:コマセ、青イソメ
釣果:メジナ2匹、メバル3匹、アジ 15匹、イワシ5匹、海タナゴ3匹




そこに、二匹目のドジョウはいるのか・・。
先週、東扇島でメジナやメバルなど好調な釣れ具合だったので今週もと思い、少し風邪気味の体を押して夕まずめ狙いで行っちゃいました。

もちろん餌と情報は勇竿で入手です。

この日もデジカメを忘れてしまったので、携帯のカメラで激写です。
セイゴでも釣れればいいなーと思ってイソメをつけてぶっ込んでおいた竿がしなります。巻いてみると確かな魚信。つれたのはゴン太のアナゴです。

60cmぐらいありますねー。いい感じです。
東扇島アナゴ_1106

ちなみにこの日は16時からの釣りだったのですが、16-17:30日没までは、アジが中心に釣れました。その他メジナがポロポロです。暗くなってからはメバルが少々という感じですが18:30ぐらいからは全く釣れませんでした。


メジナ、メバル、海タナゴです。大きいものは野締めしちゃいました。

東扇島メジナメバル海タナゴ_1106

アジはサイズは小さいものの唐揚げサイズです。でも脂が結構載ってますね。おいしいです。
東扇島アジ_1106

久しぶりのアナゴ、これほど大きいアナゴは初なのでどうやって食べようか迷いました。
まずは、捌きました。目抜き用のまな板はないので、竹串で目を抜いて、手で押さえてもらいながら捌きました。2人掛かりです。ものすごく奇麗ですね。刺身でたべようか迷いましたが、血に微毒があるということなのでやめました。ま、血合いも奇麗に洗ったので大丈夫と思いますが。

東扇島_アナゴ_裁き_1106

この後、皮の部分はお湯をかけて、ぬめりが白くなってきたらごしごししてぬめりをとります。
これが臭みのもとらしいです。

レシピ、料理法は串にさして白焼きです。天ぷらと迷いましたが、より身の味を楽しむために白焼きにしました。

普通にガス台で焼きました。
身の方は強火でごりごりやいて、皮は弱火であぶって、全体が焼けてきたら、強火にしてカリッとさせます。

東扇島_アナゴ_白焼き


わさび醤油で。

ぜええええっぴいいいいんです。


うまい。


その他、
アジは唐揚げに。メジナは刺身に。メバル、海タナゴは干物にしてみました。
メバルの干物はおいしいですね。

今後はメジナも干物にしてみよう!


あー釣りは楽しいな。運河と言えど海は気持ちいいし。工場の明かりは奇麗だし。
満足です。

東扇島でメジナ、メバル、アジ 好調!

場所:東扇島 運河側 (駐車場⇒東公園を利用・トイレ・水道あり)入園料0円
釣具屋:勇竿
時間:10月31日(日) 15:30-18:30(実釣3時間
エサ:コマセ
釣果:メジナ 4匹、メバル 6匹、アジ 11匹、海タナゴ 1匹





台風一過。台風の影響で小魚が湾内に集まってきてそれを求めて青物がやってきている?そんな夢みたいな状況を夢見て東扇島に行ってきました。

小雨が降りそうで、あまり天気はよくありません。風も結構あります。あまり条件は良くないなあという感じなのですが、気温は19℃と温かいです。風対策さえすれば耐えられない感じではありません。

勇竿で状況を聞くと

「夕方からなら、アジがでてるよ。トリックサビキならメジナもかかるかな」

ということです。


早速トリック 針7号で行きます。キターーー。最初に来たのは20cmぐらいのメジナです。

↓この日はデジカメを忘れてしまったので、これはiPhoneで写真をとりました。
101031メジナ

そのあとは、ポツポツアジがかかります。ただ、鯵はどれも10cm程度。大きくても15cmぐらいです。
豆アジかあ。

↓この日はデジカメを忘れてしまったので、これはケイタイ(ガラケー)で写真をとりました。
101031アジ

その後も、明るいうちはメジナ、アジが底付近で釣れました。あとちっちゃいハゼ。飽きない程度に当たりもあり楽しいです。

暗くなってからかは、メバルフィーバーです。全部でメバルが6匹釣れました。大きさ的には20cm未満なので少し小さめですが、煮つけサイズです。入れ食いとまではいかないものの、こちらも飽きない程度にかかってきます。


家の台所にて。並べて見ました。
101031釣果

メジナは大きいのは27,8cmありましたので刺身にしてみました。メジナものすごく内臓脂肪を蓄えていて目茶苦茶脂がのっている感じです。肝パンパンです。

3枚におろして、刺身にしたのですが包丁に脂がつくぐらい脂が乗っていて本当においしいです。

101031メジナ刺身


そのほか調理法としては、

アジは小さいのでウロコ(ゼイゴ)を取って内臓、エラを取って唐あげです。
メバルはも同様にウロコ、内臓、エラを取って煮つけにしました。プリプリでおいしいですね。
メジナと海タナゴの小さいのは塩焼きにしました。おいしいですね~。


とにかくメジナの脂の乗り具合は最高でした。磯臭さも気にならない程度です。



3日(祝日)休みなんだよなあ・・・ 今週末も行っちゃおうかな・・・。

外房 勝浦漁港、川津漁港 でアジ、ウルメイワシ、海タナゴ釣り

連休最後、しかもいい天気ということで、仕事も終わってないのだけれども釣りに行ってきました。
陸からの釣りは半年ぶりぐらいです。


場所:川津漁港 (駐車場あり・トイレ・水道なし) 入園料0円
釣具屋:勝浦漁港の裏のサンデーという釣具屋
時間:10月11日(月) 15:30-18:00(実釣2時間30分)
エサ:オキアミ、コマセ
釣果:ウルメイワシ23匹、アジ20cm以上 2匹(2匹ばらし)、小アジ15cmぐらい4匹、海タナゴ4匹




京葉道路、市原から降りてというはずだったのけれども間違えて姉崎で降りてしまいました。おそらく東京ドイツ村に向かう渋滞に巻き込まれ、高速を降りてからしばらく全く動かなくなってしまいました。

次回からは間違えないぞ。

ということで、勝浦に着いたのは13時過ぎ。漁港を視察すると、ファミリーが多く5cmぐらいの小アジが沢山つれています。

勝浦漁港1011



これじゃあ・・・。という感じがしましたので近くの松部漁港に。

松部漁港1011



ここもほとんど同様の釣果。。うーん。夜になってからかなあ。ということで街道沿いの、新兵衛いけすドライブインという怪しげなところで刺身定食を食べます。ボリューム満点でおいしいです。

ここ素泊まり2500円でやってるみたいです。以外と面白いかも。ここ最近サザエは不漁で入っていないみたいです。伊勢エビは時価となっていましたがkg2500円前後とのことです。。高いですね。。。。

いけす食堂1011


いけす食堂1011_2


その後、地元の釣り具やサンデー(http://espressoaddshot.blog74.fc2.com/blog-entry-409.html)によって情報を聞くことに。


そうすると、勝浦漁港ではほとんどつれていないので、隣の川津漁港や豊浜漁港をお勧めするとのこと。昨日の大雨のあとだから、時化後のアラ食いということで今日は多分釣れるよ。とのこと。

早速川津漁港へ行ってみることに。

川津漁港1011

結構すいていて、足場も良く車を横付けでき、非常に良い感じの釣り場です。
早速この写真の目の前で釣ってみることに。

浮き下1.5m程度でオキアミをつけて一本釣りです。針は6号です。これになんと20cmはあろうウルメイワシが食ってきます。一本釣りで浮きが沈む感覚が楽しい!

その後はコマセをまくと足下でもかなり良い型のウルメイワシがつれます。
でもその他の魚種は全くつれません。17時ぐらいにはウルメイワシも食いどまり。どうしようかなーと少し場所を偵察しにいったところ、なんとアジがイレグイではありませんか!しかも結構良い型。

やはり湾内の奥よりは、外海に近い場所の方がアジはつれるみたいです。

ということでものすごく感じのよいおじさんの隣に陣取らせてもらい、釣り方まで指導していただき、アジ、海タナゴと夕マズメ、満潮と重なり非常によくつれました。

アジは、かご釣りで、カゴした2.5mぐらい、陸から3mぐらいはなれた船道の深くなっているところを狙いました。オキアミをついて針は6号です。

釣果。
↓↓↓↓

釣果1011


イワシちゃん。
イワシ1011

アジは最大で23cm程度でしたが、これぐらいだと食べごたえも釣りごたえもありますね。

アジは刺身。海タナゴは塩焼き。ウルメイワシはナメロウにして、半分は明日さつま揚げを作る予定です。
あげたてはめちゃくちゃうまいんだよな。


久しぶりによい釣りでした。外房最高。次は勝浦担々麺たべるぞ。(多分最近町おこしで始めた郷土B級料理)
至る所に看板がありましたので。



沖縄に行ってきました。

今回は釣りではなく、ダイビンです。

9/23から4泊です。
羽田はあいにくの雨でした。今回20日前にとったにも関わらず、直行便がとれなくて(23日が祝日だったし)福岡経由ということになりました。出発の飛行機が40分遅れ福岡空港で走らされたりと、やきもきしましたが沖縄に無事到着です。

初日は到着が21時ということで、ユイレールでホテルへ行き食事して軽く泡盛を飲んで寝ました。
泡盛_久米仙

2日目はダイビングオープンウォーターの学科試験です。でも17時からということでそれまでは那覇市内観光です。国際通り、牧志市場。

かの有名な県魚グルクン(中央の赤いやつ)。イラブチャー(青いやつ)その他、夜行貝とかヤシガニとか魚好きにはワクワクするものばっかりでした。
牧志市場は、魚だけではなく、肉も売っていて、豚の頭とか平気で売っていました。すごい。

牧志市場

次に、世界遺産の首里城、玉陵(タマウドン)です。半分工事していたので残念です。
ちなみに写真に写っている人は知らないカップルです。

首里城


で、学科試験を受け見事受かり明日から実習です!
いやーダイブテーブルは難しですね。一回覚えてしまえばどってことないのですが。。。


夜はホテル近くの飲み屋でベタな料理を・・

ゴーヤチャンプル、グルクンの刺身とか・・

写真は盛り合わせ。ベタです。
ミミガー、 豆腐よう(とうふよう、 豆腐餻、唐芙蓉)、海ぶどう、ジーマーミ豆腐、スクガラス豆腐

沖縄郷土料理


続く。
沖縄に行ってきました。(2)奥武島でダイビング





他の写真はここにあります!見てね。
http://picasaweb.google.co.jp/espressoaddshot/100927#

館山でシュノーケリングと釣り 2010!その2

館山でシュノーケリングと釣り 2010!その1のつづきです。


海水浴が終わって次は釣りです。海岸通りを車で走っていると、太洋釣具の看板が!さっそく寄ってみます。

100904大洋釣具店.JPG


店主に行くと、青物は調子が悪いみたいです。朝方ポツリポツリ釣れているけれども、日中は駄目とのこと。ソーダカツオがメインで、ワカシ、サバ、アジはほとんど聞かないとのことです。

イワシなら出てるととのことなので、館山湾に行ってみることに。コンクリート工場のすぐ近くです。

足場もいいのでファミリーも多くいます。ここから見える自衛隊堤防も青物の調子が悪いからか結構人もまばらです。

さっそくコマセをまくと、背黒イワシ、カタクチイワシが大群でやってきます。半狂乱でコマセに集まっては来るのですが何せ全く針がかりしません。うーんなんでだろ。ということでサバ皮スキンからトリックに変更です。

これでようやっと釣れるようにはなったのですがあまり針がかりがよくないですね。入れ食いってほどではないですがポツリポツリつれる感じです。

でもきれい。この日は30匹ぐらい釣ったのですが後で見た見たら2匹マイワシがまざっていました。
100904イワシ.JPG

こねて、生姜と大葉、味噌、ねぎと混ぜてつみれにして食べました。すげーうまい。脂がのっている!


さて次の写真は別の日砂浜からシロギス釣りをした写真です。
浜から水着のまま釣りをするのは楽しいですね。後処理が大変でしたが。

日中はパラソルを差し、気持ちがいいです。周りではぽつぽつ型のいいシロギスがつれていましたが僕にはメゴチしかつれませんでした。

100904砂浜釣り.JPG


数も少ないのでリリース。また来年。
夕日がきれいです。



館山でシュノーケリングと釣り 2010!その1

※ この記事は、2010年8月29日日曜日と、9月4日土曜日の2回の海水浴の記事です。

さて休日は海に行こう!ということで、毎年恒例になっている千葉県房総半島の南端、南房総館山に行くことにしました。

高速道路館山道が出来たのは本当に便利ですね。

さっそく、腹ごしらえです。館山のイオンの道路を超えて反対側にある、海花里(みかり)という食事屋でご飯を食べました。

写真はアジの刺身です。写真では分かり辛いですが、黄金に輝いていて本当に脂がのっていました。おいしかったです。

そのほか、カゲキヨという魚だったり近隣の漁港で水揚げされた珍しい魚を料理してくれるお店です。
海花里100904.JPG

で、おなかもいっぱいになったので、さっそく海に潜ります!


いつもの波佐間の先の坂田海岸で海水浴です。潮が一番引いている時間帯をねらって行くので結構沖までいけます。砂浜を少し超えたあたりの岩場から海に入っていき、波佐間島に向かってブイが浮いているところぐらいまで泳いで行きました。


こんな感じ。分かるかな?黄色いシュノーケルに日焼け対策に白いワイシャツを着て浮いているところです。


シュノーケル100904.JPG


普通のデジカメに防水が付いているオリンパスのカメラでとりました。結構手ぶれをしてしまったりうまくとれませんが潜っていると、こういうのとか。(赤で○をつけた青い魚)
100904シュノーケリング1.JPG

こういう派手派手な魚とか
100904シュノーケリング2.JPG


こういうメジナ?の赤ちゃんの群れとかイワシの群れとかに出会うことができます。
100904シュノーケリング3.JPG


この日は珍しく、アオイリイカと思われる群れにも遭遇しました。10cmぐらいでしたので、産卵からかえったばっかりの群れだったのでしょうか。きらきらしていてほんとにきれいでした。


途中で足がつってしまいました。まあ、こういうときは焦らないで、筋肉をほぐして治るのを待ちます。普段から睡眠不足、運動不足などが重なって起こる事故です。一歩間違えば大事故、準備運動をしたり、なってしまっても焦らないことが重要です。



まあ、なんだかんだ海水浴は1時間ぐらいで切り上げて次は釣りです。

→ 釣りの記事はこちら
http://espressoaddshot.blog74.fc2.com/blog-entry-431.html

【船釣り】 夜メバル・カサゴ船に乗ってきた!料理、レシピ。さばき方。

【船釣り】 夜メバル・カサゴ船に乗ってきた!川崎の運河。
http://espressoaddshot.blog74.fc2.com/blog-entry-420.html


【船釣り】 夜メバル・カサゴ船に乗ってきた!カサゴ21匹。
http://espressoaddshot.blog74.fc2.com/blog-entry-421.html

の続きです。


カサゴの口は大きいですね。愛くるしい顔してます。
伝寿丸_カサゴ

早速食べてみました。鱗と内蔵はその日のうちに全部処理をしてしまいました。
カサゴのさばき方は、様々なサイトにも書いてありますが、普通の魚とあまりかわりません。

鱗→エラ(できれば引っ張って内蔵もともに)→お腹を裂いて内蔵をとる

という感じです。ただ"とげ"があっていたいので、キッチンばさみをうまく利用してさばくのがお勧めです。
簡単に捌くには、まず鱗を落として、魚の下側の顎とエラがくっついてる部分をキッチンばさみできってしまいます。(写真がなくて申し訳ない)

そのごエラを力一杯抜くと、胃袋も取り出せます。次に同じくハサミでエラをきったところからお腹の肛門にかけてジョキジョキきってしまいます。包丁よりもきれいには切れないですが、僕みたいな素人にはすごく楽でした。

これで下準備は完了です。

3枚に下ろして刺身です。ピンクがかった奇麗な色です。歯ごたえがあり、ぷりぷりコリコリです。
ただ歯ごたえが結構あるので、うす作りにするか、しゃぶしゃぶなんて贅沢もよいかもしれませんね。

伝寿丸_刺身



煮付けです。めんどくさくて大きな鍋に6匹一気にやってしまったのでかなり形崩れしちゃってます。
おいしいです。脂はそんなに載っているという訳ではないですが、プリプリの食感がたまりませんね。

体が隠れるぐらいの水、醤油、砂糖、日本酒 最後にショウガを入れて煮込めばOK。
伝寿丸_煮付け


そして、塩焼きです。あっさりしていながらも、ぷりぷりの身がおいしいです。
塩焼きにも合いますね。
伝寿丸_塩焼き


あまりそうなので干物を作ってみました。開いて、塩水につけて、干すだけです。
おいしくできるかな。途中で、ハエがたかってきたのできっとおいしい成分は出ているのだと思います。

冷蔵にして明日以降に食べます。
伝寿丸_干物

そして、頂き物のシジミ。羽田の天然ということです。身が大きくてすごくおいしかったです。最高。
伝寿丸_シジミ


しかし、食べきれない!!
もうカサゴは良いよ!というぐらいカサゴを食べました。唯一唐揚げにしなかったのは油がなかったから・・・。
丸上げもおいしいのかな。今度やってみよう。

あと明日残ったアラをにてアラ汁作ります。


いやーーー楽しかった。





【船釣り】 夜メバル・カサゴ船に乗ってきた!カサゴ21匹

【船釣り】 夜メバル・カサゴ船に乗ってきた!川崎の運河。
http://espressoaddshot.blog74.fc2.com/blog-entry-420.html

の続きです。


このとき約18時まだ周りは明るいですが、投入後すぐあたりが!!
まずはメジナです。あまり大きくはないですがキープサイズです。
伝寿丸_メジナ

その後も、イレグイとまでは行かないものの、5分に1度以上のペースであたりがあります。
カサゴちゃん、針のんじゃった。根魚を釣りに行くときは針外し絶対に必要ですね。
伝寿丸_カサゴ

その後暗くなってからは、ぽつりぽつりという感じのあたりでしたが、メバルも釣れました。
伝寿丸_メバル

こいつらは背びれがとげもすごいし、カサゴは角もあるので、はさみとタオル、手袋は必要ですね。

あと結構根がかりします。。全部で仕掛けは5個ぐらい使いました。
船上でかえましたが、財布を出したり結構大変なので、事前にある程度用意したほうがよかったなあというのは反省材料です。

結局釣果はこんな感じ。メジナ、メバル、カサゴと全部で24匹 大漁といってよいのではないでしょうか。
満足です。良く釣れました。おっきいやつは27cmぐらいありました。尺とまではいかないものの良いサイズです。


伝寿丸_釣果


さて、
今回も酔い止め対策をしっかりとり、胃に酔うことを忘れさせるぐらい食べましたので酔いませんでした。

酔い止めをのむこと。とにかく食べ続けること。結構な釣果。うふふ。船って良いですよね。
釣りまくり~。船宿についてからはあついお茶とおやつをいただき少し談笑して帰宅。

しかもお土産で、シジミいただいちゃいました。普段は有料で売っているようです。
アザース。



早速、食べてみました!
【船釣り】 夜メバル・カサゴ船に乗ってきた!料理、レシピ。さばき方。
http://espressoaddshot.blog74.fc2.com/blog-entry-422.html








【船釣り】 夜メバル・カサゴ船に乗ってきた!川崎の運河。

● 釣行メモ

場所:羽田沖、川崎の運河
船宿:伝寿丸(穴守稲荷、天空橋)
釣具屋:えさ、仕掛け、錘は用意してくれてるので特にいらない。
時間:7月3日(土) 17:00集合 17:30-21:00
エサ:アオイソメ
釣果:カサゴ21匹、メバル2匹、メジナ2匹(一匹お逃げになりました)




いろいろ忙しくて今週は毎日終電で帰りました。こんな生活やってられっか!!
といろいろ溜まっているものがあるので、週末ぐらいは自然と戯れてストレス発散と行きますか。
陸から釣ってもつれないと困るので船釣りに行くことにしました。

が、間違いなく朝は起きられない。ということで羽田の伝寿丸 夜メバルに行ってきました。

今回は操作を間違えてしまってGPSロガーをONにし忘れてしまったために場所は大体です。
赤丸をつけたところがおそらく釣り場です。東扇島の対面側ぐらいだと思います。

伝寿丸_地図

看板です。この日は午前メバル、午後メバル、LTのアジが出船したそうです。釣果はまあまあとのこと。
伝寿丸_看板

錘は15号。3つで200円です。まあ良心的ですね。仕掛けは1枚サービスです。船上では1枚200円です。
針は9号。胴付き3本針ですね。
伝寿丸_仕掛け

わくわく、つれるかなー。多摩川を下って羽田空港を横目に、花王の工場を曲がって・・
20分ぐらいで、こんな所につきました。さて、仕掛けを投入します!


伝寿丸_釣り場


大体、水深は10mぐらいですかね。波もあまりない感じです。雨が降るかもしれないということでレインコートをきていたのですがあつい。でも長靴とレインコートは必須ですね。波しぶきも被りますし絶対にきた方がよいと思います。



釣果に続く・・・
【船釣り】 夜メバル・カサゴ船に乗ってきた!カサゴ21匹。

稲毛浜でバカ貝拾い。マテ貝は??

GW混んでるだろうと思われるので管理潮干狩り上には行きたくない!ということから

 ・昼間は、稲毛浜でマテ貝とり
 ・夕方は、その足で長浦に行き、メバリング

という計画を立て早速出発です。
予想通り、京葉道路は混んでいたので早めにおりて裏道を通りながら稲毛浜に到着。人が多いですが芋を洗うほどではありません。

駐車場も入れないほとではなく、路駐も多くいました。

この日は釣りでもなく、アサリでもなく目的はマテ貝です。とりあえずわからないので、ヨットハーバー側に向かい情報収集です。うーんマテ貝はとれていない模様・・・。

まあ、と掘っていると、とりあえずアオヤギ、バカガイGETです。ざくざくってほどではありませんがチョロチョロとれます。熊手で割ってしまったバカ貝はベロの部分だけちぎってその場で食べてしまいます。これが甘くてうまい!

マテ貝は採れませんでした。それらしい穴を見つけては塩を入れてみたのですがだめです。
小一時間ぐらいで20個ぐらいバカ貝とツメタ貝をGETしたので、さて、次は釣りだぜ。


稲毛_バカガイ0503

と帰り、波打ち際を歩いていたらマテ貝が落ちているのを見つけました。奇跡。
少し小さいですけどね。マテ貝はどちらに沢山いるのでしょうか?

稲毛_マテ貝0503

さて、その後長浦にメバリングの予定でしたが急に体が重くなり体調不良のため、蘇我のアリオでトイレ休憩していたらもう18時ぐらいに・・・。風も強いし次回にするかなあ。ということで帰宅。

帰りも16号、14号と劇的に混んでいるので、海側の裏道を抜けてすいすい。幕張から高速に乗りました。

バカ貝は、アサリと違い、砂抜きがしづらい貝なので、その日に処理しちゃいます。調理の方法は、とりあえず下ごしらえを丁寧にすること。

 ・水で良く洗う。
 ・軽く塩ゆでにする。ゆですぎない
 ・貝が空いたら、あげて身をとる。
 ・ゆで汁は上澄み液のみを使う。みそ汁でもお吸い物でも、パスタのソースにても。
  良い出汁出てます。
 ・むき身は、水で良く洗う。ザルにいれて鍋に水を張ってその中でぐるぐるすると良くとれる。
 ・それでも気になる場合は、肝もとって、ベロと貝柱のみを使う。

といった感じですかね。ちなみにツメタ貝とともに串焼きにしました。醤油を軽くたらして。。
この画像を見るだけで、よだれが出てきそうです。引っかけ釣りデビューするかな。

貝 うますぎるぜ。

いい仕事しやがるなあ。

稲毛_バカガイ串0503

【船釣り】GW初日はシロギス釣り-3

【船釣り】GW初日はシロギス釣り-1
http://espressoaddshot.blog74.fc2.com/blog-entry-411.html
【船釣り】GW初日はシロギス釣り-2
http://espressoaddshot.blog74.fc2.com/blog-entry-412.html

の続きです。

この日の釣果です。
洋平丸8

シロギスと言えば、、天ぷらでしょーー!
背開きにして衣をつけてあげます。ほくほくでおいしい!外で食べるシロギスとは違いますなあ。泥臭さもなく本当においしい。
洋平丸9

大きいシロギスとカレイ、イワシは刺身にしてみました。
シロギスは、甘みがあって、上品な白身ですね。釣り人の特権でしょうか。

写真上の少しピンクがかっているのが、カレイです。
洋平丸10

イイダコはフライパンで軽く火を入れて醤油で味付けして食べました。これまたおいしい。
イイダコ専門で釣りに行くのもありかな・・・。


今年は水温が比較的低いため、まだ活性が悪いとのことでした。
いやー過酷だけど楽しい。


【船釣り】GW初日はシロギス釣り-2

http://espressoaddshot.blog74.fc2.com/blog-entry-411.html
前回の続きです。

錘は20号、しかけは、船宿仕様の7号針です。えさはアオイソメ。
底まで錘を落とし待ちます。

まずはシロギス。ぽつりぽつりぐらいですが、良い型が出てます。最大で25cmぐらいです。
洋平丸3


楽しいゲスト、マコカレイも華麗に参戦!意外と肉厚です。
洋平丸4

なぜか片口イワシが。すごい群れで引っかかったに近い感じです。
洋平丸5

なんとかわいいゲスト、イイダコちゃんもつれました。これはうれしいゲスト。
洋平丸6

だれ??
洋平丸7


この他、メゴチがつれ、全部で5種、14匹つれました。シロギス9は船の釣果としては少し物足りない気もしますが型もよいのでよしとしましょうか。

船ではその他、イシモチがぱらぱらつれてました。なぜ僕にはつれない?
14時に沖上がり、そして2時間かけて陸に戻り解散となりました。

少し風が強かったですが、陽気もよく酔わず、楽しい一日となりました。


次の記事では、シロギスを料理してみました。
http://espressoaddshot.blog74.fc2.com/blog-entry-413.html

【船釣り】GW初日はシロギス釣り-1

● 釣行メモ

場所:横浜沖/横須賀沖
船宿:洋平丸(市川港 原木中山)
釣具屋:近くにない。えさ、仕掛けは用意してくれてるので特にいらない。
時間:4月29日(木) 7:30集合 8:00-14:00
エサ:アオイソメ
釣果:シロギス9匹 17-23cm マコガレイ1匹 メゴチ1匹 イワシ2匹 イイダコ1匹  五目達成!



外食中の待ち時間にお店においてあった釣り雑誌をみて急に船釣りに行きたくなりました。
お世話になったのは洋平丸さん、市川と家からすごく近いです。車で30分ぐらい。シロギス釣りです。

洋平丸1

この洋平丸さん、前日に予約をしたにもかかわらず、非常に丁寧に対応してくださいまして感じのよい釣り船でした。船長も丁寧で、優しい感じです。

早速出発!後ろにかすかに見えるのは、ディズニーシーです。タワーオブテラーやコロンビア号が見えます。ディズニーランドを裏からみるのも面白いですね。

洋平丸2

この日はとにかく風が強い!!波もざっぶーんという感じでした。キャビンに入ると酔うと思い、外にいましたがビッショビショでした。

出発から約1時間半、ついたのは横浜沖、木更津沖の中ノ瀬です。しかしとにかく風が強い。

洋平丸地図1


この日は船酔いしないように対策を整えました。

 ・朝ご飯を食べる。あまり油物をとっては行けないので、お茶漬けを食べました。
 ・アネロン酔い止めを飲みました。
 ・チョコクッキーとか常に食べるようにして、胃に酔うことを忘れさせます。
 ・朝食から3時間後ぐらいに、おにぎりを食べます。
  食べると吐いちゃうかなーとかおもっても無理矢理食べます。
 ・その後も、パンをかじったり、常に食べるようにしました。
 ・といっても、お腹がいっぱいになってしまうので、食べられないときは飴(梅肉入り)をなめました。

とにかく胃を動かします。消化に専念させ、気持ち悪くなることを忘れさせます。
おかげで、何とも楽しい船釣りになりました。


この後、すぐに風が強くなってきましたので、船長判断で風裏に移動することになりました。
場所は以下、八景島シーパラダイス裏です。

確かに波も少なく、釣りやすい。

洋平丸地図2



長くなってしまったので、釣果は次のブログで。

http://espressoaddshot.blog74.fc2.com/blog-entry-412.html

勝浦でアジ釣り

潮干狩りの後、勝浦にアジ釣りに出かけました。
潮干狩りの様子はこちらから http://espressoaddshot.blog74.fc2.com/blog-entry-408.html

さすが外房ですね。海の色が違います。
100413勝浦1

勝浦港のすぐ裏に釣り具屋サンデーがあります。釣具屋っぽくない看板。
コマセ420円です。サビキ針300円は少し高いかな。
100413勝浦2

14時ぐらいに到着したのですが、聞くと17時ぐらいからアジが回ってくるのでそれまでお食事でもしてればーと地元でもおいしいというお店をいくつか教えていただきました。

行ったのは街道を鴨川に向かって、勝浦から1kmぐらいいったところ、トンネル手前の「かくい」という海鮮のお店です。

アジのたたき、刺身定食 と非常においしいです。特にメダイ、金目鯛の刺身は絶品でした。
自家製?と思われるイカの塩辛も本当においしかったです。

100413勝浦5

さて、5時になりました。さっそくアジ釣りです。釣り場は、釣具屋のおじさんに聞いたところ、海に向かって右にのびている堤防のほうが出ているとのことでした。
駐車場は港に無料の市営駐車場がありまいたのでそこに置いておくことに。近くにトイレもありいい釣り場ですね。
ただ、路駐をしても大丈夫な感じですね。

さて、堤防までいくと平日ということもあり、船が係留してあり非常に釣りつらいですが、すでに4組ぐらいの釣り師がいます。

まずは、ピンクスキンで、足下を探ってみます。あと投げサビキもしてきます。投げは5号、足下は4号の針を使います。ただ周りのおじさんはトリックを使っているようでした。こちらのほうが食いがいいよとのアドバイスも。

ともに棚は3mぐらいです。アジは底付近にいるのかなと思いましたが、釣具屋のおじさん、周りのおじさん曰く3-5mぐらいとのことでした。

さて、早速。立て続けに2匹ハゼがつれました。なぜ?即リリースです。

100413勝浦3

その後、足下でキョーーーレツなあたり!大アジか?と期待を持って慎重にあげます。ボラだ!!40cmはあるぞ?と魚影が見えたと思ったらハリス切れ・・そりゃ4号じゃキツいわ。

勝浦、外房のボラは絶対においしいはずだと思ったのに。残念です。その後、同様のあたりが2回ありましたが針かかりもせずに時間が過ぎて18:00。

この時間ぐらいから急に突風が吹いてきて全く釣りになりません。
置き竿をすると竿が風に煽られてしまう感じです。本当に風がすごくなり、皆さん撤収していきます。

アジはつれなかったけど、帰るかーと思いサビキをあげてみるとアジです。風が強すぎてあたりが全くわかりませんでした。

回遊してきたんですね。

もっと釣りたい!

しかし耐えられない!ということで、撤収することに。あー足下にはアジがうじゃうじゃいるんだろうな・・・。
100413勝浦4

ただアジは小さいです。最大で15cm小さいのは13cmでした。
唐揚げにしようと思いましたが、油を使うのも面倒なので、なめろうにして、頭と骨はみそ汁にしました。


やべ、、うまっ!!


近いうちにリベンジしよう。
アジをたくさん釣ってやる!

袖ヶ浦で潮干狩り。

袖ヶ浦の某所に潮干狩りにいってきました。この並木といい写真を見ればわかる人にはわかると思いますが、木更津の有料管理潮干狩りのすぐ隣となります。ある意味当たり前なのですが、無料で潮干狩りが出来る場所です。

道路に路駐して、岸壁をおります。この日は大潮、引き潮が10:30というこで9:30に到着し早速掘っていきます。
平日ということもあり、思ったよりも人がいません。

100413_袖ヶ浦1

とりあえずアサリ目当てで掘っていきますが、あまり見つかりませんのでいろいろ移動していきます。それなりにgetしましたが、

小さい!!!ほとんど2cm以下です。

あまりに小さい子はリリースです。


周りの方にいろいろ話しかけても「今年はまだ小さいねー」との返事が多いです。

深く掘ってみると、このような貝が。
ずっとホンビノス貝だと思っていたのですが、どうやら、鏡貝 カガミガイ という貝のようです。

100413_袖ヶ浦2

なんだかんだ、2時間の操業でアサリ500gぐらい、カガミガイ2kg、サルボウ 5つ ツメタ貝3つという結果となりました。

アサリは一日砂抜きをしてお味噌汁に。すごく出汁がでて本当においしかったです。
100413_袖ヶ浦3

サルボウ、ツメタ貝は塩ゆでにしました。とくにツメタ貝はゆですぎると固くなってしまうので、軽く火が通ったかなーというぐらいで食べました。サルボウ思った以上においしいですね。
100413_袖ヶ浦4

カガミガイは世間でいわれているよりもおいしく、焼き貝、お吸い物でいただきました。
ともに、水管の下あたりにある砂袋をとって食べるとジャリジャリすることもなく非常においしくいただきけます。


アサリは小さく、まだまだといった感じでした。マテ貝はカラがたくさんあったのでいるのでしょうが、とることが出来ませんでした。

次はマテ貝目当てでどこかにいくぞーー。

その後
午後は勝浦まで飛んでアジ釣りに。つづく・・・。
http://espressoaddshot.blog74.fc2.com/blog-entry-409.html



  



大洗でハゼ・ホタテ貝が釣れた。

場所:大洗漁港 (駐車場 ・トイレ・水道あり) 入園料0円
釣具屋:近くに色々ある。
時間:1月30日(土) 17:30-18:30(実釣1時間)
エサ:青イソメ
釣果:ハゼ×1、ホタテ1匹、ナマコ?、??

地図、釣具店の場所は前回の釣行を参照
 → 大洗でアナゴ・ハゼ・ボラ


ドライブすることを目的に水戸方面に行ってみました。偕楽園はまだ梅は咲いていませんでしたがゆっくりしていていい感じの公園です。

看板に誘われて、駐車場に入りましたが20分100円でした。帰り、偕楽園横の常磐線と千波湖の間ぐらいに無料の駐車場がありました。湖畔を歩いて偕楽園にもいけるので次回はこっちに車をおこう。

そのままドライブをしていて
薫風 梅み月 水戸市見和1-311-7 029-309-6111()
(http://gankoya.net/umemizuki/)というところでご飯を食べました。バイキングで郷土料理が食べられるということですごく美味しくお腹いっぱい食べました。

そこから、20分ぐらい車を海の方に走らせると、大洗に到着です。マリンタワーの近くにかねふくの明太子の工場ができていました。工場見学もできますし、試食もできます。楽しかったです。
100130_01

釣りはじめはもう真っ暗になってました。釣り人は他に4組程度。ほとんど連れていない状況のようです。
100130_02

アナゴ、カレイ、アイナメ あたりがでるかあ と思いイソメをフンダンにつけて遠投します。30mぐらいのところでハゼがかかりました。しかしあとが続きません。

100130_04

ヘチ側でメバルを狙おうとおもいましたが、大潮でどんどん水が引いていき、水深が2m程度しかなく釣りにはならない感じです。漁港なのに結構浅いのね。

湾内にチョイ投げするとこんなやつがつれました。動いてます。だれ?クラゲ?ナマコ?気持ち悪いです。
100130_03

他にもトゲトゲのやつがつれました。これも誰?
100130_05

そのほか、根がかり?とおもって引き上げると貝の殻がついていました。なーんだと思って蹴って海にもどそうとしたら殻が割れました。

なんと!!生きています!ホタテです。ホタテ貝!!ビックリ!
でも、殻が割れてしまったりなんとなく2枚貝は怖いので持って帰ることはしませんでした。そしてこいつを餌にして釣りを続けました。(まあ、なにもつれなかったけど)


ホタテがいるんですね。引掛け釣りの道具は持っていませんが今後用意しようかなと思います。

100130_06


寒くなったので、1時間で撤収。
帰り大洗のアウトレットによろうとしたら19時までということでよれず。

日帰り温泉に入って帰ってきました。
実は今回が今年に入って、陸からの初釣りでした。まあ、坊主も逃れたし、ホタテも釣れたということで満足な釣行でした。


楽しかったです。

プロフィール

espressoaddshot

Author:espressoaddshot
都内在中の 30代 ふつーのサラリーマン。♂

職場である渋谷のランチブログはこちら。
エスプレッソなランチ
espressoaddshot @ gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。