スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

REUDO リュード 折りたたみ Bluetooth キーボードを購入 RBK-2100BTJ Ver.2.1

REUDO リュード Bluetooth キーボード RBK-2100BTJ Ver.2.1
を購入しました。

渋谷のビックカメラでも売り切れで取り寄せとなるということでしたので、Amazonのマーケットプレイスで、アキバスタイルAkibastyle という会社から購入しまいた。




品薄状態で、郵送は8月の末というメールが来ましたが、実際には、8月の12日頃には届いてました。
それでも2週間ぐらいは待ったということになります。本当に品薄なんですね。

僕は購入にあたり、目的としては外出先での文字の入力を想定してました。
つまり使い勝手よりも、持ち運び という観点でこのkeybordを選びました。比較したキーボードはmacの純正のブルートゥースキーボード。かっこいいし、家のmacbookと同じ配列なので使いやすいだろうなと思ったのですが、何せ大きい。

持ち運びには向かないだろうということからリュードを選びました。


===

リュード キーボード 大きさ 厚さ 外観についてレビュー


===

横幅は広げると、iPhone の2倍以上あります。(写真ピンぼけ)
リュード Bluetooth キーボード1


立て幅はiPhone よりも小さいです。
リュード Bluetooth キーボード2

畳んでみるとこんな感じです。
iPhoneと比較すると一回り大きい感じです。

リュード Bluetooth キーボード3

厚さはこんな感じです。

左からMacbook、リュード キーボード、iPhone となります。
リュード Bluetooth キーボード4

Macbookと同じぐらいの厚さとなります。開くと厚さはその半分となるので、Macbookのキーボードと比較するとやはり打ちづらい印象を感じました。


===

リュード キーボード 使い勝手について レビュー


===

ここの記事から実際にiPhoneでリュードキーボードを接続して外で書いています。

↓↓↓↓↓↓↓

最初にbluetoothのペアリングを行います。iPhoen側のbluetoothをONにして
キーボードの認識はfn+半角を押しっぱに。直ぐにあっさり認識できました。


一応10mぐらい?3m離れてても余裕で使えました。文字入力はサクサク、固まったりはまずなくストレスフリーで入力できました。

最初は一体どうやって日本語入力するのかよくわからない感じでしたが、コマン+スペースで入力可能となります。マックっぽいですね。


購入したのは日本語キーボードなのですが、iPhoneのiOS4の機能で英字配列しか認識してくれないそうです。この辺は次回のUPDATEで直ってほしいですが、その対策としてキーボードに張るシールが同封されています。

リュード Bluetooth キーボード7

入力に関してはそれ以外では困った事はあまりない感じですね。Enterキーをもう少し大きくしてほしい気もしますが。。。


キーボードは半分に折り畳み可能なのですが、勝手に折り畳まないように、ロックをすることができます。しかし下が安定してないところで開くと、全体的にカタカタいう感じがします。まぁ軽量さを考えると許せる範囲なのですが。もう少し後ろに付いているストッパーのゴムが強いとよいのかもしれません。


さて、実際にiPhoneを置いたときにどうかというと、

iPhoneが思った以上に動きます。一応スタンドにはストッパーのようなゴムが設置されているのですが、もっと協力なものが欲しいかも。

このストッパーはキーボードに内蔵されているのですが取り外しも可能です。

リュード Bluetooth キーボード5

実際に置くとこんな感じです。安定感のある鞄の上だったら電車のなかでも使用可能です。
キーピッチはb5ノートpcぐらいでネットブックとかよりも使いやすいと思います

リュード Bluetooth キーボード6



文字入力のスピードは10倍以上になります。快適です。


F10とかでファンクション機能(半角英数に変換とか)ができないのは少しだけ残念。でもiPhoneの予測変換が結構つかえます。文字の変換は換時、下を押すと変換の一覧が出てきます。spaceでもよいのでこの辺は使いやすいですね。変換を辞めたいときPCで多用する、ESCボタンなどは使えません。
英数の場合、shiftで大文字入力可能です。

あと、fnボタンは使えないと思った方がよいです。
他、cmd+→でEND HOMEなどは使えます。cmdだけじゃなくてctrlでもOK
これ地味に便利。


SHIFT+矢印 で文字の選択はできるけどkyebord上からはコピー、貼り付けはできない。勿論ctrl+c 、vも使用できません。タップしてコピーします。

そのほか、文字入力以外ではボタンは使用できませんので、画面タップと併用する感じになります。完全に、キーボードから動かせたらマジでPCいらないレベルなのですが。


その他、細かい便利な裏技的なところをあげると、

メールなどを打つ場合に、題名の、次に本文と入力するときはSHIFT+TABを押すとカーソルが動いてくれます。

あとキーボードを接続すると、iPhone側の文字入力(キータッチ)が消えるので画面が広く使えるという利点もあります。長文入力は便利です。


結論:
意外と文字入力はやりやすいと思う。外で文章を書く人などには重宝すると思われます。






#追記
修理にだして見ました。ものすごく満足度の高いサポート体制です。
スポンサーサイト

期間限定:ダークモカ&オレンジフラペチーノを飲んでみた

スターバックスの株主総会で1000円分のスターバックスカードを配布したのだけれども、一部に磁気不良があったそうな。

ということで、それをお知らせする封筒がやってきて、未使用の場合、同封の封筒にカードを張って送付すると新しいカードに取り換えてくれるそうです。また、お詫びとして、2枚の無料ドリンク券が送られて来ました。

スターバックス株主総会お詫び状.jpg


ということで、少し贅沢にダークモカ&オレンジフラペチーノのベンティーにチョコチップを追加して注文!
630円です。もはやコーヒーではありません。パフェみたいなものですね。

しかもベンティーは相変わらず大きいです。カロリーいくらぐらいあるのだろうか・・・。

ダークモカオレンジフラペチーノ.jpg

期間限定とのことで、このブログがアップされる今8月9日はもう購入できないフラペチーノです。
期間限定でいうと、ぼくは小豆フラペチーノが大好きだったな、また販売しないかな。




ちなみに、金町店、では週末お店で色々なイベントが開催されているようです。掲示板をみていろんなイベントに参加するのもいいですね。昔ジャズバンドの生演奏をしていたこともあります。チェーン店ながらも地域密着で、色々な施策を行っているお店には好感が持てます。頑張ってもらいたいですね。

スターバックス店内の壁.jpg


-----☆
最近おいしいコーヒー飲んでないな。

プロフィール

espressoaddshot

Author:espressoaddshot
都内在中の 30代 ふつーのサラリーマン。♂

職場である渋谷のランチブログはこちら。
エスプレッソなランチ
espressoaddshot @ gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。