スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

bettertouchtool は絶対にで入れるべきソフトです

better touch tool を入れてみました。このツール、トラックパッドの設定を簡単にかえたり、追加できるようになります。そのほか、Magic Maouseや普通のマウス、キーボードの設定もできます。マルチタッチのトラックパッドにいれることで例えば、3本の指で、下にスワイプしたときにウィンドウを閉じる設定にするとか本当に便利にすることができます。
日本語の設定はできないようですが、簡単な英語なので理解できるので問題ありません。


better_touch_tool_1



そして一番おもしろいのは、windows7のようにウィンドウを画面の上に持っていったときに全画面表示にしたり、右、左にもっていくことができます。これはwindows7を使ったことがある人にとっては本当に便利な機能だと理解していると思いますが、すごく便利です。

そしてそれを、キーボード上のショートカットで割当することもできます。

--

これ、マルチトラックパッド対応でない、macbookにインストールしてみましたが、一応使えます。ただ、3本指以上のマルチタッチに対応しておらず、途中で変な挙動をしたりしてしまいますが、機能をしぼって使う分にはものすごく便利なツールであると思っています。


ちなみに、裏技というか番外編の使い方ですが、keyboardをマウスアクションに簡単に変換することができますので、これを利用してmacのエクセルのショートカットを使いやすくカスタマイズ、変更することができます。

エクセルで困っているのが、WindowsではF2に割当られている「セルの編集」です。Mac excelでは「Ctrl+u」という訳の分からないところに割当られています。しかもエクセルの「ツール」→「ユーザーのショートカット設定」では変更できないショートカットです。

これをbetter touch toolを使って以下のように設定します。つまりF2ボタンを押したときに、ダブルクリックをするという設定です。これでF2を押したときに簡単にセルの編集をすることができます。

僕はアプリケーションの振り分けはやってませんが、アプリケーションごとに、設定ができるようなので、F2をほかに振り分けている場合は、excelのみに振り分けられれば思います。

better_touch_tool_2

便利です。


better touch tool のダウンロードはこちらから。
フリーツールです。macbookを買ったらまずはじめに絶対に入れるべきツールです。

スポンサーサイト

USBのHDDをNAS化できる?USBでバイスサーバー Net.USB(ETG-DS/US-HS)を購入

Macbook Airを購入して、母艦であるMacbook とサブノートであるmacbook airの2台持ちになりました。
iPohneとの同期やデジカメの写真は、MacbookのHDDの保存してあり、backupとしてiodataの外付けUSBHDDにtime MachineでBackupをしている状態です。

しかし、なんだかんだMacbook Airを使うことが多く,MacbookAirでも音楽やアプリが入っているiTunesのデータおよびデジカメなどのiPhotoのデータその他のデータにアクセスしたいと思うようになりました。

そこでNASが欲しいと思ったのですが、現在外付けHDDを2台持っていますのであらためてネットワークHDDを買うのはどうかなと思って探しているとiodataからNet.USBというUSB機器をネットワークに接続できる機械があることが判明しました。

http://www.iodata.jp/product/network/option/etg-dsus/


「ETG-DS/US」はさまざまなUSB機器をLAN経由で使えるUSBデバイスサーバーです。
USB接続機器をネットワーク経由で共有できる機能「net.USB」を搭載し、ハードディスクやUSBメモリー、DVDドライブはもちろん、USB接続のTVキャプチャなどさまざまなUSB機器を離れた場所に設置して利用することが可能になり、USBケーブルのつなぎ換えをすることなく、複数のPCから1台のUSB機器を利用することができます。

また、プリントサーバー機能を搭載し、USBプリンターを手軽にネットワークプリンターとして使うことができます。




最近こういったPC関連機器は価格.comではなくてgoogle ショッピング(
http://www.google.co.jp/products?q=ETG-DS/US+HS&scoring=p
)をつかうことが多くなってきました。かなり便利です。kakaku.comでは表示されてなかったですが、googleショッピングで表示された一番安いところで4800円で購入しました。なんとも便利な世の中ですね。


表面。USBは2つ接続することができます。
netusb1

裏面。大きさはiPod classicと同じぐらい。
netusb2


早速使ってみます。
外付けHDDはiodataのもの、Buffaloのもの、USBメモリ、外付けDVDドライブなどは問題なく接続することができました。ただ、認識が結構遅いことと、データの読み書きデータ転送速度はUSB直刺しに比べると、20%-25%程度とかなり遅い感じですね。動画や音楽などは読み込み中に音飛びしたりコマ切れすることはないので全く問題ないですが書き込みは大きいファイルはやめた方が無難ですね。

DVDも問題なくみることができました。


その他マウスなども問題ないです。しかし、buffaloのちょいテレはみることができませんでした。これは残念です。ワイヤレスTVができるかと思いましたが・・。

macでもwindowsでも問題なく使えました。
MacではiTunesやiPhotoなども外付けHDDにいれて使うことができます。オプションを押しながら軌道するとライブラリーを選択できます。

でも固まったりするのであまりおすすめできないなあーという感じもしています。しかも遅い。

まあ、遊び道具かな。あまり実用的ではない感じです。


logicool M950を購入

macbook Airを購入し、ついでにMagic Mouseを購入しようとしたのですがヨドバシとかで触っているとどうもそんなに使いやすいとは思えなくなってきました。一番ネックだったのは、Windowsではほとんど使えないということです。bootcamp上でWindowsを動かしている僕にとってはこれが結構大きな点でした。

そこでなにかマウスがほしいなーと思って探していました。今会社ではロジクールのMX1100を使っているので形の似ているロジクールの M950を購入することにしました。これはもちろんMac winともにドライバーが出ています。





値段はAmazonが最安値で8584円でした。この価格結構激安です。ビックカメラに交渉したところ、12000円までが限度といわれましたし、ヨドバシカメラでは5%の640円しか値引きをしてくれませんでした。

ということでAmazonで購入。購入後2日でやってきます。送料も無料で一番安い。Amazonすごいですね。


logicoolのマウスはこちら

logocoolM950


MX1100と比較すると、少しだけ小ぶりになっているようですがボタンの配置や形はほとんど同じです。
レシーバーがかなり小型になっていて5mmぐらいPCから出る感じです。ものすごく小さいですね。

使い勝手は相変わらずいいです。ブラウザの戻る、進むの設定や、親指を押すところのボタンは、Macではエクスポゼ、windowsではアプリケーションスイッチャーというエクスポゼに非常に似たソフトを起動することができます。

もちろんここのボタンはそれぞれ自由に設定することができ、僕はZoomボタンをウィンドウの最小化に設定しています。Macでは コマンドボタン+M です。

マウスジェスチャーを使えるから多機能、多ボタンマウスはいらないという人ももいますが、一度使ってみると便利で便利で手放せなくなります。

またスクロールがよいです。がりがりスクロール(1行ずつスクロール)と、慣性スクロールがボタン一つで簡単に切り替え可能です。ブラウジングをいしている時や、大容量のエクセルなどを扱っているときには本当に便利な機能です。口コミサイトなどをみると賛否両論みたいですが僕はこれ大好きです。


マウスととしては少し高額ですが、僕は手放せなくなってうちのひとりでこれからもLogicoolもしくは他の会社のものでも多機能マウスを使っていくでしょう。


いい買い物をしたいと思っています。またロジクールはサポートもかなり良くユーザーフレンドリーな会社であることも僕にとってはポイント高いです。


参考) ロジクール MX 1100 Cordless Laser Mouseを修理に出してみた。





macでDVDをリッピングしてみた。

macでリッピングソフトと言えば「Mac the ripper」というソフトですが、たまには他のソフトを使ってみようと思い、ググっていると「RipIt」というソフトを見つけました。

http://thelittleappfactory.com/ripit/

ダウンロードしてripit.appをダブルクリックするだけ。

Free downloadと書いてあったけど、どうやらシェアウェアのようですね。使用回数に限度があるみたいです。

ripit_1

ripというボタンを押せばよく、MP4にコンバートして保存したい場合は、compressを押せばよいです。
ripit_2


ちなみに出来上がったファイルは、デフォルトでは、「ムービー」の下に保存されます。拡張子「.dvdmedia」となっています。これは実はフォルダで、finder上だけこう見えているものです。

右クリックして「パッケージの内容を表示」と押すと中身をみることが出来ます。

回数に限界があるのかー。簡単で便利なのになー。

mac & windows 両方で使えるワンセグチュナーを購入

パソコンで作業をしながら、ちょっと簡単にテレビが見れたらいいなーって思っていたのでワンセグチューナーを買うことにしました。

僕のパソコンはmacbookなのだけれども、bootcamp上でwindowsが動いており、windowsで作業をすることも多いので、macとwindows両方のOSで使えるものを購入しました。

高感度版<ちょいテレ> bufffal DH-KONE8G/U2DS 公式HPは以下。
http://buffalo.jp/products/catalog/multimedia/dh-kone4g_u2ds/

ケーズデンキで9800円で購入。この商品、公式ページでも在庫限りとなっており製造は終了しているようです。ちなみに渋谷のビックカメラでは売り切れてました。

このチューナー、ストレージ機能が8GBもついており録画したものを持ち運び出来きます。CDが付属してますが、その内容はこのストレージ部分に入っているので、セットアップなどもUSBデバイスから起動できます。このストレージ、普通のUSBメモリとして、録画したファイル以外でも普通のデータのやり取りが出来ます。便利ですね。


その他、Macでは機能が制限されるようですが、ダビング10に対応とか、タイマーによる録画機能など色々な機能がついているようです。

感度はというと、結構よいですね。付属している高感度外部アンテナがついてますが普通のアンテナでも、かなりよく受信できてます。途切れたりすることも無く電波状況は非常によいです。

oneseg_20110111


USBチューナーは
外形寸法:W20×H13×D79mm(キャップなし・突起物除く)
重量 本体:約23g




と小さくて扱いやすいです。持ち運びも便利。こんな感じで、safariを開いてブログを書きながらTVを見れます。

110109_macワンセグ


以外とTVなんて見ることなんて無いなーと思いましたが、いざあると便利なものですね。

macbook air購入 設定もろもろ。

macbook Airを購入したのでさっそく設定です。一応記録に残す意味で最初にやってことや考えたことを書いておきます。


購入時のことをネットで見ると購入してすぐクリーンインストールする人が多いようです。デフォルトではいらないソフトがかなり入っているので。。といことなのです。

macbook airについているのは復元用のUSBメモリで汎用のOS DVDではありません。このUSBはOSとソフトが最初から入っていてOSのみインストールということができなそうな感じです。
ぼくはsnow LeopardのDVDを持ってはいますがめんどくさいので特にクリーンインストールはしませんでした。

ちなみにやり方としては、

  1. USBをさす。
  2. OSのインストールをクリックし、再起動ボタン
  3. 主に日本語を使用する
  4. Mac OSインストールウィンドウが出ている画面で、メニューバーから「ディスクユーティリティー」
  5. 「消去」タブを選択し、Mac OS拡張(ジャーナリング)、名前は任意
  6. 消去ボタン 後 ウィンドウを閉じる。
  7. もとの画面に戻り、「続ける」→同意 →ディスクを選択しインストール
  8. 約30分。


って感じです。


また同じLAN内にいる場合は旧macのユーティリティー → 移行アシスタント を使用し、データを移行することができます。air側のディスクが200GBとかだったらいいけど128GBしかないのでiPhotoやiTunesのデータを入れるとパンパンになってしまうので特にこれもしませんでした。


実際に設定したのは以下。ほとんどいじっていません。母艦として旧黒macbookをつかい、持ち歩きようにAirを使うイメージなのでできるだけデータは持たずアプリも必要最低限以外はいれない設定です。


  • Docからいらないものを削除
  • Trackpadの設定
     タップでクリックとか、右側を押すと右クリック(副ボタン)とかにする。
  • メニューバーに日付、曜日、時間を表示
  • safariのbookmarkを他からimport
  • Finderの設定
     サイドバーに表示するもの
     拡張子を表示

  • Quick Silver インストール
  • VLC インストール
  • Flip4Mac WMV をインストール
  • office macをインストール
  • ワンセグのソフトをインストール

  • Dropboxは迷ったけれども、ブラウザから使用することに
  • iWorkもとりあえずは入れないことに

  • win7でbootcamp設定
    bootcamp設定については次の記事で書きます。



macbook air 11.6 bootcampでwindows7 をインストール

macbook air購入 設定もろもろ。の記事の続きです。


やはり仕事上windowsは欠かせないので、bootcamp上でwindows7をインストールすることにしました。ライセンスはAmazonで購入。



bootcamp移行アシスタントを起動、まず、Windows7のドライバーをダウンロード (容量が532MB)
これを外付けUSBとか、DVDに焼いておく。でもairにはDVD Driveが付いていないのでUSBのほうがよいと思う。



ちなみに僕はSnow LeopardのDVDを持っているのでドライバーは後からいれればいいやと思いこのstepをスキップしてしまいました。

そしてWindowsa インストール後、Snow LeopardのDVDからドライバーをいれようとしましたがうまくいかず、airに添付してあったUSBメモリからドライバーを入れようとしましたがうんとも寸とも言わず。仕方なく、Appleのサイトからbootcamp3.2をDownloadしてwindowsにインストールしました、しかしこれが最悪。画面やTrackpad関連のドライバーがインストール出来ない。

そこで、macにもどり、bootcampアシスタントからドライバーをダウンロードしてUSBへ。windowsを起動しなおしUSBからドライバーをインストールしようとしたら、途中で失敗(USA.dllが存在しないというエラー)。

どうやらAppleのサイトから落としてきたbootcamp3.2をインストールしたことが原因のよう。ようくbootcamp移行アシスタントを読むと、

(重要)MAC OS Xのインストールディスクまたは別のMacからのWindowsサポートソフトウェアは使用しないでください。

とありますね。

macbookair_bootcamp


結局、ディスクユーティリティーでwindowsのパーティションを消去してwindows再インストール。今度はしっかり移行アシスタントのウィザードに沿って実施しました。問題なくインストール終了です。

---
windows起動後、ドライバーも何の問題もなくインストール終了。


そして細かい設定です。



最近はメール、カレンダーなどはgoogleさんに依存していますし、タスク管理のRTM、EvernoteやらDropboxやらクラウドと言われるものに依存していますのでクライアント側の設定は最小限でよくなりました。便利になりましたね。

そのほかmacについては以前最初に買ったmacを設定した時のメモを参考にしました。
http://espressoaddshot.blog74.fc2.com/blog-entry-187.html




Apple store 初売り2011

さてあけましておめでとうございます。1/2がやってきました。
Apple storeの初売りの日です。10月にmacbook air 11.6インチがでてからこの日を待ちに待っていました。

Apple Storeの初売りの時にはLucky Bagという福袋が発売されるので、そのことが大きく報道されがちですが毎年ハードウェアやソフトなどが3%-10%程度割引されてるています。

macはヨドバシとかビックカメラなどの量販店でもポイント5%しかつきませんので、非常に"お得な日"なのです。

さっそくお昼ぐらいに行ってみました。めちゃくちゃ混んでます。ストア内は本当に混んでます。まともに歩けません。ただ、道は結構すいていて目の前に路駐していう車も結構ありました。まあ公式な駐車場がないので少しだけ買い物する、って時には路駐が便利かもしれませんね。

毎年カレンダーを貰うのですが今年は無し。チラシのみです。
apple2011

ここで驚愕の事実。

air 値引きしてねーーー!!!

ま、とりあえず店員と雑談しながらうまいこと本題へ

「値引きしてくれねーの??」

とまあ、すったもんだの値引き交渉が始まり結果かなりの額を値引きしてくれました。
「お正月なので・・。もうこれ以上は無理です。」と定員を困らせることに成功。どうやらApple Storeでは、近くの量販店(有楽町のビックカメラなど)をある程度偵察しており、同程度ぐらいまでは普段でも交渉の余地があるそうです。

ちなみに僕は量販店では売っていないモデルを購入しました。


★銀座スペシャルです。他の量販店では売ってないモデルですが値引き成功。しかも二桁%・・。
--------
11インチ:128GB
1.6GHz Intel Core 2 Duoプロセッサ
4GB メモリ
128GBのフラッシュストレージ
NVIDIA GeForce 320M
---------


さっそくかえって、旧黒macbookと比較。横幅、縦幅ともに小さいです。

macbookair_幅比較

そしてなんといってもその薄さ。

macbookair_薄さ比較


正月休みに最高の遊び道具がやってきました。



プロフィール

espressoaddshot

Author:espressoaddshot
都内在中の 30代 ふつーのサラリーマン。♂

職場である渋谷のランチブログはこちら。
エスプレッソなランチ
espressoaddshot @ gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。