スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メモリを自分で増設してみた。Mac 導入日記

macbookのメモリを自分で増設してみた。

デフォルトで512MB ×2 が入っているが、1GB ×2に変更。
CPUがCore 2 Duo なので、メモリには2スロットに同じものを入れたほうがスピードが速くなるらしい。
メモリスロット2つに同じものをということで、

購入したものは
Buffalo (A2/N667-1GX2) 1GB×2 8,000円


ヨドバシとか量販店で買うと15,000円ぐらいする。秋葉とかで探すと適合保証付きで2枚で5,000円ぐらいで売っているところもある。取り付けも簡単だし、ちょっとネットで調べるとものすごく詳しくでているので絶対に自分でやるべきだ。取り付けもお店でやってもらうと有料だけれども本当に簡単。

Appleの正式な説明はこちらから

他のページもぐぐってみる。

mac_memory1.JPG


まずは、バッテリーをコイン等で取り外す。
その後、小さめのプラスドライバーでねじを巻く。小さいのではずしづらい。
mac_memory2.JPG


はずした後に出てくるレバーを引くと、メモリが出てくる。左右とも同様にしてその後に、新しいメモリを取り付ける。おくまでグイット差し込むイメージ。そんなに力はいらないけど小さいのやり辛い。
mac_memory3.JPG


取り付けたら、元に戻すわけだが、このはずしたカバーを取り付けるのが結構大変だった。
中についているハッポースチロール見たいのをマイナスドライバーで押しこんだり。

よくメモリを触るときには、静電気がないようにということで、金属の棒などを澤って放電しておきます。
といってもそんなに気をつける必要はないでしょうが。心配な人はセーターとか脱いで。

作業自体は15分もかかりませんでした。

さて、最後にMAC OS を起動させてメモリがちゃんとはいているか確認します。
Appleマークをクリックして「このMACについて」
出てくる画面にメモリが2GBになっていることを確認。
mac_memory4.JPG


問題ない。

※ 追記:ちなみに交換し終わった512MB×2はどうしよう。売ろうかなって売れるのかな。
   二束三文で買いたい人は連絡ください。

  ・ SDRAM
 * DDR SO-DIMM フォーマット
 * 512 MB
 * 200 ピン
 * PC2-5300 DDR2 667 MHz RAM

コメント

非公開コメント

プロフィール

espressoaddshot

Author:espressoaddshot
都内在中の 30代 ふつーのサラリーマン。♂

職場である渋谷のランチブログはこちら。
エスプレッソなランチ
espressoaddshot @ gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。