スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

macでwindowsのペイントのようなソフト mac導入日記

macではiLifeというパッケージの中に、iphotoというソフトがデフォルトで入っていて写真などの画像の整理やちょっとした加工が可能になっている。

でも、ちょっとblog用に画像にコメントやメモを書いたり、丸印や長方形を書いたり画像の編集ができないらしい。

画像サイズの変更なら、プレビュー(これもデフォルトでついている)で、
[ツール]→[サイズの調整]から変更できるし、
[ツール]→[注釈]から円や長方形、メモがかける。

・・・はずなのだが、なぜかぼくのmacでは楕円以外がグレーアウトしていて選択できなったので、フリーソフトを探してみた。

mac_paint1



で探したのが、SimpleDotXというソフト。HPによると

シンプルながら、インデックスカラー画像のパレットやダイレクトカラー画像のアルファチャンネルが編集できるドットエディターです。


と書いてあり、windowsのペイントにすごく似ていて簡単でシンプルで使いやすそうだ。

ダウンロードしてSimpleDotX.appをアプリケーションフォルダへ移動。
起動してみた。

mac_paint2


うん。すごくシンプルで使いやすい。

その他、画像編集の定番GIMPとか、seashoreというソフトとかを入れようか迷ったのだけれどもどうも難しすぎて困っていたので、日本語でシンプルで使いやすいソフトが見つかってよかったです。

作者ありがとう。


コメント

非公開コメント

プロフィール

espressoaddshot

Author:espressoaddshot
都内在中の 30代 ふつーのサラリーマン。♂

職場である渋谷のランチブログはこちら。
エスプレッソなランチ
espressoaddshot @ gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。