スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iTunesのデータをwindowsからmacへ。mac導入日記

windowsでiTunesを使っていたのを、Macで使う。

結構簡単。

WindowsのiTunesで使用していたフォルダを外付けHDDなどにコピー。
デフォルトだと、c:\Mydocument\Music

(ここで移動はしない方がよい、コピーがよい。なぜなら失敗したときとか消えてしまったら困るから。)

iTunesの下には、
  • Album Artwork
  • iTunes Music
  • Previous iTunes Libraries
  • iTunes Music Library.xml
  • iTunes Library.itl

が入っていると思う。iTunes Musicフォルダの下にMP3やAACのファイルが存在する。もちろん、アートワークなどを表示してない人はないフォルダもあるけど。

これを全部そのままコピーし移行する。
xmlファイルをみてみると、windowsの絶対pathが記載されているけれども、移行させると勝手に変換されてるでの特別な操作は全くいらない。
多少Mac側での設定が必要だが、ようは単純にコピーするだけ。


Mac側(以降する側)の設定。iTunesの最新版をダウンロードして初期設定を行う。
アプリケーションを起動したら、
[iTunes]→[環境設定]  [詳細タブ]→[一般]

下の画像のようにフォルダを整理する。フォルダにコピーするチェックする。
mac_iTunes1.png


次に[詳細]→[ライブラリを統合]をクリックする。
もとに戻せません といったメッセージポップアップが表示されるので、はい、を選択する。特になにか動作された感じはないがこれをしないと、移行後もファイルはあるが、iTunesに表示されない。そうするとまた、ライブラリに追加をしなくてはならなく面倒なのでこの作業は必ずすること。

このあと、iTunesを一度終了させる。
mac_iTunes2.png



その後、先ほどの外付けHDDから、先ほど環境設定で設定した”iTunes Musicフォルダの場所”にwindowsと同様のディレクトリ構成になるようにコピーする。

 ミュージック → iTunes → iTunes music  ・・・ のように。


外付けHDDがFAT32の場合、結構ファイル転送が遅いです。まあ変換しながらだからしょうがないのかなあ。15GBに30分以上かかった気がする。


そうしたら、iTunesを起動させます。
これで、読み込まれているはず。。 

Windowsから移動させた場合、再生すると、日本語が化けてしまう場合がある。
その場合、その曲を選択して、
[詳細]→[ID3タグを変換]
[文字列を変換]→[ACSIIからISO Latin-1へ] を選択してOK
多少時間がかかるけど。 これで問題なし。

mac_iTunes3.png
mac_iTunes4.png



個人的には、bootcampをつかっているので、Windowsとライブラリを統合させたいと思っている。いろいろやり方があるらしいのでそのうち。


内蔵に共有のFAT32領域を作ったのでそこにライブラリを移動させてwinとmac両方ともそこを参照するようにすればできるかな。今度やってみよう。

コメント

非公開コメント

プロフィール

espressoaddshot

Author:espressoaddshot
都内在中の 30代 ふつーのサラリーマン。♂

職場である渋谷のランチブログはこちら。
エスプレッソなランチ
espressoaddshot @ gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。