スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アプリケーションの関連付けと拡張子表示 Mac導入日記。

Macでテキストエディア mi をダウンロードして使ってる。でも既にテキストとして保存したファイルをダブルクリックで開くと、デフォルトのテキストエディタが立ちあががる。ということで、アプリケーションの関連付けを行うことに。

ウインドウズでは、エクスプローラーのツールからフォルダオプションで各種の設定ができる。
MacではFinderかなと思っていろいろ調べてみたけど、どうやらそうではないらしい。

やり方は簡単。
関連付けさせたい拡張子のファイルの情報を開いて「このアプリケーションで開く」からアプリを選択して、「すべてを変更」ボタンを押す。
mac_関連付け.png


ちなみに、拡張子を表示させるのは、Finderの環境設定から詳細ボタンで、すべてのファイル拡張子を表示にチェック。
mac_拡張子.png


あと、一番下にある「確実にゴミ箱を空にする」とは、同名前のファイルを作成し、上書きして削除する。など、ファイルを復元できにくい形でゴミ箱を空にすることのようです。
ということは、ゴミ箱をからにしてもHDDからデータを復元しようと思えばできるのかも。そういえばwindowsでは「復元」っていうフリーソフトがあったような。

捨てるときとかは要注意ですな。

コメント

非公開コメント

プロフィール

espressoaddshot

Author:espressoaddshot
都内在中の 30代 ふつーのサラリーマン。♂

職場である渋谷のランチブログはこちら。
エスプレッソなランチ
espressoaddshot @ gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。