スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

画像のサイズ変更を自動(automatorで)的にするappを作ってみた。

Mac OSXにはAutomatorというアプリがデフォルトで入っていて作業を自動化できる。

Appleのサイトによると

単純な作業を何度も繰り返し行うのは、生産性が低下する原因となります。幸いなことに Mac OS X には Automator というロボット風アシスタントが用意されているので、こうした作業を自動化することができます。



とのこと、ちょうど、画面のキャプチャーを撮った後にプレビューでひらいて、画像のリサイズをして・・・と毎回単純作業を行っているのでそれを自動化できるのか早速試してみた。

アプリケーションフォルダから、Automatorをクリック。カスタムを選択。
automator_083020_3.png


Finder 項目の選択を求める を右側にドラッグする。
そのときに複数選択を可にしました。そのあと、同様にイメージをサイズ変更(プレビューでやるっぽい)も同様にドラッグ。ファイルを変更する前にオリジナルのコピーを作るかどうか聞かれましたが「追加しない」を選択。
automator_083020_1.png


とりあえずこれで、右上の実行を押してみました。そうするとファイルを選択の画面が表示され、自動的に画像がリサイズされました!

その後、ファイルの名前も変更するものも追加しようか迷ったけれども、とりあえずこれで用件は足りたので「名前を付けて保存」アプリケーションを選択して保存。
automator_083020_2.png


これで毎回blogにUPする写真をリサイズすることが楽になった。いえい。

これぐらいの作業なら変にフリーソフトを探すよりも自分でカスタマイズでき、非常によいです。初心者でも簡単にできました。

Office Mac 2008ではマクロが使えないので、これで代用できるかなあ・・・。

コメント

非公開コメント

プロフィール

espressoaddshot

Author:espressoaddshot
都内在中の 30代 ふつーのサラリーマン。♂

職場である渋谷のランチブログはこちら。
エスプレッソなランチ
espressoaddshot @ gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。