スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DVDをiPodで見てみた!すげー簡単だ。

録画したTV番組をiPodで見る。
youtubeをダウンロードしてMacでみる。

などいろいろiPodを活用してきたけれども、DVDを丸ごとiPodに入れてやろうと画策してみました。Windowsでは、DVD DecrypterとかDVDFab HD Decrypterとかいうリッピングソフトを使用してその後、DVD Shrinkとかその他色々駆使して、iPod用にエンコードをしたりしていた。

DVDをバックアップするのはすごく面倒で、リッッピングに失敗したのか、エンコードに失敗したのかとかわからなかったり。というイメージがあり、Macに乗り換えてから、やっていなかったのだけれどもTV番組も最近面白いのをやっていないということで、

Macでそんなソフトがないか色々探してみたところ、すばらしいフリーのソフトを発見。

HandBrake
handbreak2.png

ダウンロードはこちらから


というソフトだ。

このソフト、Windowsでも、Macでも、Linuxにも対応しているソフトらしい。すばらしい!

と早速MacOSX用をダウンロードして使ってみた。
全部英語で日本語化はできないがiPod用であれば5クリックのみでエンコードが開始できた!!すばらしく簡単だ。

早速開いてまずは、

1クリック
右上のボタン[Toggle Presets]を押すと
右側に、リストが出てくる

2クリック
iPodを選択。正直、PCの画面でみると多少画像の粗さを感じるが、iPodでしか見ないのであれば、LowSizeで全く問題がない。大体2時間ぐらいのDVDが700MGぐらい。

メインの画面で、画質など色々設定ができるようだけれどもここでは何もしない。iPodTouch用もあったりするので持ってる人はそちらを選択、PSPとかもデフォルトであるの。こりゃーすごい便利。

3クリック
画面真ん中の [Audio & Subtitle]を選択。
ここでは字幕とか、音声を選択します。洋画の場合僕は日本語の音声は気持ちが悪いので絶対に音声を英語5.1ch、字幕を日本語に設定する。ブルースウイルスの声がルパンだったり。どうも雰囲気が壊れるので。

4クリック
Subtitle をjapaneseに設定。

5クリック
左上の スタートを押す。

handbreak.png


本当にこれだけで、iPod用のファイルが作成されます。すごい。ほんとに!
とあえて5クリックでと言ったけれどもいろいろな設定ができるのでぜひ。

色々もっと詳しく書いたHPとかもある(handbrake 使い方でググる)

久しぶりに最強のソフトに出会った気がする。
できたファイルの再生はQuickTimeかiTunesで可能。

ちなみに僕はずっとHandBreakだと思っていたら、よーくみたらHandBrakeだった。
はずかし。


コメント

非公開コメント

プロフィール

espressoaddshot

Author:espressoaddshot
都内在中の 30代 ふつーのサラリーマン。♂

職場である渋谷のランチブログはこちら。
エスプレッソなランチ
espressoaddshot @ gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。