スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタバの缶コーヒーを飲んでみた!

スターバックス コーポレーションと、サントリー株式会社は、缶コーヒー
 「スターバックス ダブルショット エスプレッソコンパーナ」
 「エスプレッソドッピオ」
を10月21日発売した。
※ スターバックス ジャパンじゃないところがなんともいえないけど・・。

銀座の地下で、全面交通広告を売ったり、いろいろWeb広告を売ったりとかなり販促費を使用している模様。


ちなみにRTD(Ready To Drink)の第2弾となるとのこと。いわゆるディスカバリーね。

早速購入。以前ディスカバリーを購入したときにはコンビニでお昼には売り切れ続出だったけれども今回は大量においてあった。
スタバ缶

ちなみに、各170円、しかも量が少ない。高い。


早速飲んでみた。まずは、
●「エスプレッソドッピオ」黒いほう
ウーン、確かに、濃いというか、今までの缶コーヒーとは違った重みのある味に仕上がっているのだけれども、ディスカバリーミラノと比較をするとどうもなああと思ってしまう。


●「スターバックス ダブルショット エスプレッソコンパーナ」白いほう
こちらもうーんといった感じでしょうか。ディスカバリーのシアトルラテのほうが美味しいと思う。ミルクのクリーミーさが足りない気がする。


2つを通して、

普通の缶コーヒー < スタバの缶コーヒー < ディスカバリー

かなと。せっかく170円出すのに、これはちょっと。一体どの層をターゲットにしているのだろうか。

-----
スタバのコアファンはおそらく企業へのロイヤリティが高く、210円(ディスカバリー)でも美味しいモノであれば、間違いなく購入する層である。つまり170円の缶コーヒーと比較して40円ならばと、ディスカバリーを買うだろう。

ディスカバリーも缶コーヒーもコンビニでしか買えない。購入場所が異なるのであれば、(つまり缶コーヒーは自販機で買えるとか)であれば、同じコアファンでもわざわざコンビニまでいかずに、購入することもあるだろうけど、同じ場所に置いてあるのであれば、美味しいほうを選ぶんじゃないかな。

-----
では、一般のコーヒー好き(スタバにこだわらない)はどうか?170円つまり120円よりも50円も高い品である。買うか?と思えばなかなか買わないであろう。普通の缶コーヒーより美味しいのでたまに買うかなというぐらいであり、リピートは望めないと思う。

この辺の層はコーヒーであればなんでもよいと感じるひとが多いように思える。


またそもそもコーヒーファンでない人は170円の缶コーヒーには魅力を感じないと思う。


-----
ということで、
缶コーヒーの利点、賞味期限が長いことと、自販機で販売できることを活かして、
自販機など流通経路を変えたりしない限り成功は厳しいだろうと思った。



ちなみに、10月12日 株価は900円上昇。このまま5万円ぐらいまで上がってくれるとよいのだけれどもねえ。


ちなみにスタバHPよりダウンロードできるブログパーツです。


スターバックス ダブルショット® スペシャルサイトへ

-----☆
コーヒーは美味しい
飲みすぎると胃を壊すよ!

コメント

非公開コメント

トラックバック

スタバの缶コーヒー発売! 既視感を覆すマーケティング

「缶コーヒー=まずい。本格的なコーヒーとは別のモノ。」という既視感があまりに強すぎて、メーカー側が新ジャンルとして「おいしい缶コーヒー」に何度もチャレンジしてもなかな...

プロフィール

espressoaddshot

Author:espressoaddshot
都内在中の 30代 ふつーのサラリーマン。♂

職場である渋谷のランチブログはこちら。
エスプレッソなランチ
espressoaddshot @ gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。