スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻の焼酎。青酎

八丈島の記事のおまけです。

伊豆7島といえば、名産は明日葉とアロエ、島唐辛子、あとはクサヤなどの海産物でしょうか。

しかし島には焼酎がある。各島々(大島・利島・新島・神津島・三宅島・御蔵島・八丈島)それぞれの焼酎があるのだが、やっぱり青ヶ島の幻の焼酎。青酎でしょう。

(あっ、青ヶ島は伊豆七島じゃないけど。)八丈島を経由しないといけない青ヶ島。
ということで、八丈島のお土産店には青ヶ島の特産品ひんぎゃの塩や青酎などがおいてある。

ちなみに青酎 Wikipediaによると

青酎に関しては一部の民宿でも自家製が宿泊客に振る舞われている。1984年に青ヶ島酒造合資会社が設立される前は、徴税コストに見合わない(つまり、交通の便が非常に悪いことから税務職員も行きたがらない上、税務職員が赴く事で得られるであろう税収に対して経費が掛かりすぎる)という理由で酒税が課されることもなく、密造酒のような経緯で各家庭が勝手に焼酎を作って消費していた。これは現在でも事実上黙認状態であり、一般販売されている青酎も、外見は全く同じでもその中身を実際に作った生産者の違いによって各ボトル毎に味が微妙に異なる。



とのこと。

PB230138.JPG

早速飲んでみた。アルコール度は35%。結構きついね!
ガツンとくるねえ~。すげーうめー。芋のくささかアルコールの高さか?

とにかくうめー。これでうまい刺身でいっぱいやりたいね!

コメント

非公開コメント

プロフィール

espressoaddshot

Author:espressoaddshot
都内在中の 30代 ふつーのサラリーマン。♂

職場である渋谷のランチブログはこちら。
エスプレッソなランチ
espressoaddshot @ gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。