スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MacbookでWindowsを使うときのキーボード配列を変更

MacbookのBootcampを使用するとこで簡単にWindowsが使えるようになって、
「エクセルなどの作業をするときはWindowsで」など、切り替えて使用することが多くなった。


が、

やはりMacbookのキーボード配列でWindowsは使いづらい。

特にコマンドボタンとコントロールボタンだ。
Macではコピーするときに [コマンド+C]を使うが、Windowsでは[Ctrl+C]
この違いが結構大きい。慣れとは怖いものだ。

ということでWindows側でレジストリをいじってキーボードの
「コマンドキー」と「コントロールキー」を入れ替えて見ることにした。

ちょっと探してみたら、フリーソフトを発見。

Change Key
非常駐型でフリーのキー配置変更ソフト
http://www.forest.impress.co.jp/lib/sys/hardcust/keyboard/changekey.html

早速ダウンロードして使用してみることに。
ソフトのreadme.txtではVistaについては触れられてないが、問題なく使用できた。

Macbook_vista_kyeboad.png

僕は
Ctrl と コマンドキーを変更し、
使わないCaps Lockキーをdeleteボタンに変更してみた。
ちなみにFnキーは認識してくれず変更できなかった。

これで作業がものすごく快適になりました。

ブートキャンプ導入後にすぐWindows側にインストールすればよかった!

コメント

非公開コメント

プロフィール

espressoaddshot

Author:espressoaddshot
都内在中の 30代 ふつーのサラリーマン。♂

職場である渋谷のランチブログはこちら。
エスプレッソなランチ
espressoaddshot @ gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。