スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

icalとGoogle Calendarの同期 正式版

特に困っていた訳じゃないけど、
icalとGoogle Calendarの同期が簡単に同期できるようになったのでご紹介。

正確に言うと
Googleが「Google Calendar Adds CalDAV Support」でCalDAVをサポート
詳細はここ
http://www.google.com/support/calendar/bin/answer.py?answer=99358

まず上記サイトから
Get Started のタブより
Enable Google Calendar in Apple's iCal
をクリックし、「Calaboration.app」をDownloadします。

その後、Calaboration.appを起動させると

ical_google01.png

が表示されるのでGmailのIDとパスワードを入力する。

そうすると以下の画面になる。
他のカレンダーをインポートしている場合もここに表示される。
ちなみに、Remember The MILKのタスクとかは表示はされるけれども鍵マークが付いていて選択できなかった。

ical_google02.png

チェックボックスにチェックを入れて、Add to iCalを選択。
これだけでOK
ちなみに、iCalを開いたまま設定すると、閉じろとのアラートが出てくるのでその場合はiCalを落として再実行。

これでカレンダーが表示され、
 iCal -> Google Calendar の同期
 Google Calendar -> iCal の同期
ともに問題なく更新されました。


ical_google03.png


更新のタイミング等 の設定は iCalの[環境設定]画面の[アカウント]から設定できます。

ちなみに削除もこちらから。
カレンダーを選択し左下の「-」ボタンで削除です。

ical_google04.png

コメント

非公開コメント

プロフィール

espressoaddshot

Author:espressoaddshot
都内在中の 30代 ふつーのサラリーマン。♂

職場である渋谷のランチブログはこちら。
エスプレッソなランチ
espressoaddshot @ gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。