スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大量の牡蠣を安値で食べつくす。そして…

なんかのニュースサイトにて、新鮮で大量の牡蠣が安値で食べ放題という記事を見ました。

それほど牡蠣が大好きというわけではないですが、たまに海で天然の岩ガキを食べるという愚行を行っている"海大好き磯っ子"として面白いなあと思いやってみることにしました。


どういうことかと言うと、ズバリ

牡蠣筏(イカダ)の共同オーナーになる

ということです。今回は、広島牡蠣のクニヒロさん(http://www.veristores.com/kunihiro/goodslist.asp?ct=24)に申し込みをしてみました。

HPによるとオーナー制度とは、

牡蠣(かき)の養殖は、竹で組んだ大きな筏にワイヤーを吊るしておこないます。このワイヤーには、ホタテ貝の貝殻が通してあり、その貝殻には、ゴマ粒大の牡蠣(かき)の稚貝(赤ちゃん)が付いています。

※各ワイヤーに所有者(オーナー様)の名札を付けるのではなく、ご応募いただきましたオーナー様の筏として、その筏を共同で所有する形となります。




1.2009年12月中にWEBから申し込みをしました。
2.すぐ確認のメール、権利証、配達要綱、契約書 などがおくられてきました。

kaki_2010_03

そのあと、電話などで色々な質問をしましたが、すごく親切丁寧に対応をしてくれました。

 →まず、このオーナー制度は1年に一回のもので今年一回郵送されれば権利は失効する。
 →もちろん生で食べられる。


3.年が明けて、指定日指定時間にヤマト運輸より牡蠣がやってきました。

10kgケースにいっぱいの牡蠣が2ケース。冷蔵便でやってきました。
めんどくさいので、数は数えませんでしたが200個は余裕である感じです。

大量にあるので、会社の戦士たち8人と共同で購入(10000円/8人) 1人分30個ぐらいはあります。

殻のまま送ってもらったので、ものすごい磯臭さと大量のゴミがでます。あと、なかには殻にイソメやゴカイがついているものも何個かありました。(※ちなみに、中央区では貝の殻は燃えるゴミでした。)


kaki_2010_02


オープナー*2 と 軍手*3 がついています。ただ、オープンの仕方は良くわからなかったのでWEBで検索し、日本オイスター協会JOA(http://oysters.jp/open-oyster.php#main)のサイトからPDFを印刷しました。

まあ、とりあえずなんとかオープンします。

うまい・・・ うまいよーーー

小粒のものもあれば、大粒のものもあり、食べ放題です。
オープンに失敗すると手を切ります。軍手は必ずしましょう。慎重に。

kaki_2010_01


しっかり水洗いすれば、ノロや食中毒など問題ない!とのことでしたが、会社でしかもアルコールがはいっている戦士たちにはそんなことは耳にはいらないようで、そのままパクパクと食べていました。



結果:
殻および、剥き身を生で、洗わずに食べた人間の9割がノロにやられ、一日を無駄にしました…金曜日に食べたのですが、症状が出たのは皆さん日曜日のようでした。加熱組は全く問題がなかったです。



僕もおなかの調子が一日良くなかったです。。。。



ただ、すげーーーうまい


機会があったら来年もやりたいと思います。

コメント

こんばんは。
牡蠣の食べ放題(?)、いいですね。
生だと美味しいけど怖いですよね。
加熱して鍋やフライが好きです。

>不器用ダンナさん

コメ ありがとうございます。
正確にいうと食べ放題ではないのですが、一回の食事では食べきれない量がやってきました。

生の他にも、殻のまま焼いた カキ焼き、バター醤油炒めが絶品でした。

機会があればぜひ!!
非公開コメント

プロフィール

espressoaddshot

Author:espressoaddshot
都内在中の 30代 ふつーのサラリーマン。♂

職場である渋谷のランチブログはこちら。
エスプレッソなランチ
espressoaddshot @ gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。