スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【船釣り】 夜メバル・カサゴ船に乗ってきた!料理、レシピ。さばき方。

【船釣り】 夜メバル・カサゴ船に乗ってきた!川崎の運河。
http://espressoaddshot.blog74.fc2.com/blog-entry-420.html


【船釣り】 夜メバル・カサゴ船に乗ってきた!カサゴ21匹。
http://espressoaddshot.blog74.fc2.com/blog-entry-421.html

の続きです。


カサゴの口は大きいですね。愛くるしい顔してます。
伝寿丸_カサゴ

早速食べてみました。鱗と内蔵はその日のうちに全部処理をしてしまいました。
カサゴのさばき方は、様々なサイトにも書いてありますが、普通の魚とあまりかわりません。

鱗→エラ(できれば引っ張って内蔵もともに)→お腹を裂いて内蔵をとる

という感じです。ただ"とげ"があっていたいので、キッチンばさみをうまく利用してさばくのがお勧めです。
簡単に捌くには、まず鱗を落として、魚の下側の顎とエラがくっついてる部分をキッチンばさみできってしまいます。(写真がなくて申し訳ない)

そのごエラを力一杯抜くと、胃袋も取り出せます。次に同じくハサミでエラをきったところからお腹の肛門にかけてジョキジョキきってしまいます。包丁よりもきれいには切れないですが、僕みたいな素人にはすごく楽でした。

これで下準備は完了です。

3枚に下ろして刺身です。ピンクがかった奇麗な色です。歯ごたえがあり、ぷりぷりコリコリです。
ただ歯ごたえが結構あるので、うす作りにするか、しゃぶしゃぶなんて贅沢もよいかもしれませんね。

伝寿丸_刺身



煮付けです。めんどくさくて大きな鍋に6匹一気にやってしまったのでかなり形崩れしちゃってます。
おいしいです。脂はそんなに載っているという訳ではないですが、プリプリの食感がたまりませんね。

体が隠れるぐらいの水、醤油、砂糖、日本酒 最後にショウガを入れて煮込めばOK。
伝寿丸_煮付け


そして、塩焼きです。あっさりしていながらも、ぷりぷりの身がおいしいです。
塩焼きにも合いますね。
伝寿丸_塩焼き


あまりそうなので干物を作ってみました。開いて、塩水につけて、干すだけです。
おいしくできるかな。途中で、ハエがたかってきたのできっとおいしい成分は出ているのだと思います。

冷蔵にして明日以降に食べます。
伝寿丸_干物

そして、頂き物のシジミ。羽田の天然ということです。身が大きくてすごくおいしかったです。最高。
伝寿丸_シジミ


しかし、食べきれない!!
もうカサゴは良いよ!というぐらいカサゴを食べました。唯一唐揚げにしなかったのは油がなかったから・・・。
丸上げもおいしいのかな。今度やってみよう。

あと明日残ったアラをにてアラ汁作ります。


いやーーー楽しかった。





コメント

非公開コメント

プロフィール

espressoaddshot

Author:espressoaddshot
都内在中の 30代 ふつーのサラリーマン。♂

職場である渋谷のランチブログはこちら。
エスプレッソなランチ
espressoaddshot @ gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。