スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンブランの万年筆を購入。

去年の5月に転職をしたので、そのときに転職祝いとして万年筆を買おうと思いました。
なぜ万年筆なのか自分でもわからないのですが、異様に欲しくなったのでした。でもその会社がめちゃくちゃ忙しくて、買いにいく時間もなく年末になってしまいました。そして結局その会社をやめてしまって・・・。

新しい会社に入ったので、そこで、ついに万年筆を買ったのでした。


まず、パーカーとかウォーターマン、ペリカンなどいろいろな万年筆を持っている父親に相談したら、モンブランの万年筆を貸してくれました。万年筆はペン先が書く人の癖がつくらしく、いいと思ったら自分で買うか、ペン先を交換しなということでした。

そこでモンブランに相談しにいったところ、ペン先を交換するのに結構お金がかかる。(数万。見積もりは出しませんでした。)またインク入れるところがすこし古くなっていて、インクの吸引がうまくできないということでした。


そこで、自分用に新しく購入することにしました。

いろいろ見ましたが、やっぱり王道のモンブランを買うことにしました。購入したのは以下。

MONT BLANC
MEISTERSTÜCK LE GRAND (ル グラン)
Ident. No. 13661
146モデル

そして、インクはミッドナイトブルーです。ミッドナイトブルーは最近でた新色らしく、銀座モンブラン本店でも一押しの色みたいでした。ただ、含有成分に鉄分が多いらしく、一ヶ月に一度ぐらいはインクタンクを水洗いする必要があるとのことでした。まあ大事に使うという意味ではメンテナンスはかかせませんね。

モンブラン万年筆

146と149で迷いましたが、ちょっと149は太すぎるかなーという感じで146にしました。というか値段とも相談しまいしたが。

あと2856モデル(プラチナモデル)も考慮しましたが、やっぱりここも値段と使い勝手との相談の結果13661モデルにしました。

ペン先はFにしました。Mと迷ったのですが、試し書きをしてみた感覚としてはあまりかわりがないということ、店員のアドバイスとして若い方はFを使うことが多いということでFにしました。

書いた感覚では非常に良い感じです。水性ボールペンやボールペンと比較するとFでもかなり太い感覚がありますがなれるとこれぐらいの太さがある方がすらすらと非常に書きやすいです。

まだ、ペン先が固い感覚がありますが、もっともっと使って柔らかくして自分仕様にしたいなと思います。


今まで書いたことないのに、日記を万年筆で書いてみたり、人に手紙を書いてみたり。
ちょっといい感じです。

値段はいい値段しましたが・・・。ユーロ安円高なのに・・・。
でもその価格に応じるぐらいいい感じの高級感と書きやすさですね。ちょっと会議とかが楽しくなりました。



コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

プロフィール

espressoaddshot

Author:espressoaddshot
都内在中の 30代 ふつーのサラリーマン。♂

職場である渋谷のランチブログはこちら。
エスプレッソなランチ
espressoaddshot @ gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。