スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リチウムイオン充電器 LI-50C オリンパス μ1030の電池の電池用 を分解してみた

以前、海に潜ったりする用に、オリンパスOLYMPUSのμ(ミュー)1030swを買いました。
http://espressoaddshot.blog74.fc2.com/blog-entry-304.html

このカメラすごく使い勝手がよくて愛用しているのですが、1ヶ月ぐらい前から電池を充電していても充電中の電気がつかず、充電できなくなってしまいました。

ビックカメラで買ったのですがそのときに5年保証に入っていたので、サポートセンターに電話をしてみると本体ではなく付属品の可能性が高いので保証の対象外の可能性が高い。といわれました。

そこで、Amazonや楽天などで新品をさがしたところなんと5000円以上するのです。

LI50C1


防水とかの機能を付けなければそこそのスペックのデジカメが1万以下で買えるこのご時世に、5000円もするのはもったいないです。

壊れているのでだめもと、という考えで、分解してみることにしました。一個前の記事でマウスを分解してすごくうまくいったので調子に乗ってやってみることにしました。

こちらは主に2カ所、ネジを外します。このネジも特殊ネジで、六角形の形をしていましたが前回の記事と同様に、普通の市販のマイナスドライバー(1mmぐらいのやつ)で問題なくあけることができました。

ネジを外してもパカっと開くことはなく、隙間にマイナスドライバーをいれてこじ開けるような感じであけました。特にプラスティックが折れるとかいうことは無かったですが、非常に開けづらかったです。

LI50C2

充電器なんて簡単な作りのはずです。いろいろな接触部分をティッシュでふいてみたり、コンセントとの接触面や、電池との接触金属を折り曲げて、より触れやすくしてみたりしました。

ただ、なんだかよくわかりません。何が壊れているのか、どこの接触がわるいのか・・・。
ということで結局よくわからないまま、ふたを閉じることに・・。

が、奇跡がおこりました。
なんとだめだった充電が問題なく可能になったではないですか!!おそらくなにかの接触がわるかったのでしょう。普通に充電でき、普通にカメラを使うことができるようになりました。

難しいことはわからないですがちょっとしたことで機械が直ってまた使えるようになったので非常に満足です。

壊れたーーーと思った人は捨てる前にだめ元で分解してみると意外と簡単に直ったりする場合もあるのでやってみるといいかもしれません。でも一回開けるとメーカー保証外になるんでしたっけ?

ま、メーカー保証といえど大概が1年でしかもめちゃくちゃ高いのでよほどの精密機械ではない限り分解も一つの選択肢なのではないでしょうか。



コメント

非公開コメント

プロフィール

espressoaddshot

Author:espressoaddshot
都内在中の 30代 ふつーのサラリーマン。♂

職場である渋谷のランチブログはこちら。
エスプレッソなランチ
espressoaddshot @ gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。