スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

macでWindowsの外付けUSBキーボードを使用する。

macでWindowsの外付けUSBキーボードを使用する場合、何かと不便
左上の[半角/全角]ボタンが聞かなかったり、記号@とかが、shift+2 になっていたする。

これはどうやら日本語キーボードではなく、英語キーボードとして認識されるかららしい。
ま、原因はどうでも良いとして、@やら¥(円マーク)、_(アンダーバー)などをどうやったら打てるのか調べていたらこの配列の違いを治してくれるスーパーなフリーソフトがみつかった。

これは便利なので紹介。
KeyRemap4Macbook というソフト
http://pqrs.org/macosx/keyremap4macbook/index.html.ja


簡単言うと、キーボードの配列を色々いじってくれるソフト。僕の要望だと、US配列のキーボードを日本語配列のキーボードに変換してくれるソフトです。
その他にも、コマンドボタン⌘とか、Ctrlコントロールボタン、Alt、オプションボタンなどの変更などキーボードのカスタマイズなら何でもできる優れものです。

一番驚いたのは、エクセルを使うときのF2ボタンやF4をWindowsとあわせてくる機能もついています。
ちなみに。F2はセルの編集 (MacだとCtrl+U) F4は前の動作の繰り返し (MacだとCommand+T)です。

ダウンロードしてインストールして、再起動すればよしです。
メニューバーにアイコンが表示されるので、あとは Open KeyRemap4Macbook Preferencesで環境設定を行います。

とにかく細かい所まで詳細に設定が可能なので逆に難しい。
僕の設定を張っておきます。赤い部分で付けたところがWindowsのキーボードをMACで使用するために最低限あるとよい機能です。

また、つい癖でコピペやウンドゥにCtrlを押してしまうので、CtrlとWindwsボタン(コマンドボタンとして認識)を交換しました。Commmand_L to Ctotrol_L ってやつです。
Lってのは左側にあるボタンって意味です。

その他、上記でも書いたエクセルのF2などについての設定をしてあります。

おまけ的にcapslockを押したときにのランプがつくように設定しました。

ソフトは英語で、日本語はありませんが、簡単な英語なのでわかるかと思います。

設定するときは検索BOXが便利です。例えば「us japanese keyboard」と入力するとすぐ出てきます。
これだけあると何を設定したか忘れてしまうので、自分で設定したものだけを表示する
[show enabled only]という機能もあります。

本当に便利です。フリーソフトってすごいですね。

*クリックすると大きくなります。
KeyRemap4Macbook

コメント

非公開コメント

プロフィール

espressoaddshot

Author:espressoaddshot
都内在中の 30代 ふつーのサラリーマン。♂

職場である渋谷のランチブログはこちら。
エスプレッソなランチ
espressoaddshot @ gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。