スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒースプーン

コーヒーを淹れるときに量はしっかりと守らなくてはならない。

お豆10gに対して180mlの水です。

ではお豆10gってどうはかっているのか?を今日の議題にしてみます。

まず、10gを測るという点において気おつけなくてはいけないのが、
容積と、容量の違いだ。

単純にいうと、スプーンいっぱいにお豆を入れたときと、粉を入れたときでは、お豆の場合お豆とお豆の間に空間ができてしまうので、粉とお豆と同じように、スプーンいっぱいといっても、容量が違うという点である。

まあ、実際コーヒーを淹れるときにそんなに気をつけることは無いんだけど、お豆をスプーンで測るときは、多少多めに測った方がよいということ。

さてさて、使い勝手という点において、以下の写真を見てほしい。

下の2つのスプーン。
上の黒いやつはプレス式コーヒーメーカーに同封されていたものです。
下の銀色のやつはスターバックスで420円で買ったものです。

>>プレスについてはコチラ

spoon1


この2つを比べてみて思ったことは
柄が長いほうが使いやすいということ。
あと重さは黒いものは軽く、銀は重いのだけれどそこはそれほど気にはなりませんが重いほうが高級感があります。

さてさて、スターバックスではコーヒーの豆のクリップとスプーンを合体させたスプーンも売っています。どんなものかというと以下の写真をご覧あれ。

spoon2


これのいいところは、お豆を密閉保存できるところですが、正直使いづらいです。。。まず柄が太い。あと、クリップしているときにスプーンに埃がついてしまうということ。

まあ、正直な話スプーンなんてお豆がすくえればどんなものでもいいんだよね。

ちなみに、魚好きのコーヒー好きには以下のようなスプーンもあります。コレ使うたびに笑える。コレは7gぐらいしか測れないので、エスプレッソを淹れるときに使ってます。

spoon_cofee ←写真をクリックすると拡大いたします。

でもスプーンだけで、ここまで語れるんだからコーヒーってやっぱり置くが深い。アートだ。


-----☆
コーヒーって最高

コメント

非公開コメント

プロフィール

espressoaddshot

Author:espressoaddshot
都内在中の 30代 ふつーのサラリーマン。♂

職場である渋谷のランチブログはこちら。
エスプレッソなランチ
espressoaddshot @ gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。