スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒーの木を育てよう -2

前回の記事http://espressoaddshot.blog74.fc2.com/blog-entry-96.htmlでコーヒーの木を育てようと書いたものの、その後衝撃的なことが起こったので書いときます。


世界ではコーヒーが取れる(木が育つ)地域ってのが限定されていて通称コーヒーベルトっていわれる地域で生産されている。
wiki でコーヒーを調べてみる
大体北回帰線と南回帰線の間(コーヒーベルト)の約70箇国で生産

とういことで、コーヒーの木ってあったかいところに育ってるんだから勝手なイメージで"暑さに強い"かつ"暖めればよく育つ"?!という認識でいました。

じゃあ、暖めてあげようではないか。


・・・。
・・・。


コタツに入れてみました。
もちろん直に当てるのではなく、端っこのほうで薄布を上にかけてですよ・・・。

結果は。。。

あの青々とした葉っぱが見る見るうちにものすごい、土気色 になってしまって・・・。


1分もしないうちに枯れてしまいました…。

教訓:

観葉植物を ”コタツ”に入れるのはやめましょう。


元の青々しい葉っぱが見たい場合はコチラ。
http://espressoaddshot.blog74.fc2.com/blog-entry-96.html

-----

コメント

非公開コメント

トラックバック

コーヒーノキの植物学的特長と分布

コーヒーノキはアカネ科の常緑樹。原産地はエチオピアのアビシニア高原。熱帯地方でよく生育し、成木は約3 - 3.5mの高さになる。

プロフィール

espressoaddshot

Author:espressoaddshot
都内在中の 30代 ふつーのサラリーマン。♂

職場である渋谷のランチブログはこちら。
エスプレッソなランチ
espressoaddshot @ gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。